映画

レディ・プレイヤー1|日本キャラ・サンリオやガンダムが登場!ウルトラマンは?

『レディ・プレイヤー1』は2018年にアメリカで映画が公開されました。

スティーブン・スピルバーグが監督ということでかなり注目を集めましたよね。

さらに映画やアニメ好きにとっては熱いシナリオも盛り込んでいました。

それは、日本のアニメや映画のキャラクターが登場するというもの。

レディ・プレイヤー1では世界で話題になったキャラクターやアイテムが続々と登場してきます。

今回は、日本の作品に着目して、どんなキャラクターが登場してきたのかを紹介していきます。

作品をくまなく見ましたが漏れがある場合があります。

レディ・プレイヤー1|日本のキャラが続々登場!

私が確認できた日本作品のキャラクターは下記のとおりです。

  • キティちゃんなどのサンリオキャラクター
  • ガンダム
  • メカゴジラ

    それぞれ、どのシーンで登場してきたのかも紹介していきます。

    レディ・プレイヤー1|日本のキャラの登場シーン

    サンリオキャラクター:キティちゃんなど

    キティちゃんは物語の序盤で登場してきました。

    ゲーム『オアシス』の解説をしている時にしれっと登場してくるので、見逃した方も多いのではないでしょうか。

    画像の左下に仲良く3体が映っていますよね。

    メカゴジラ

    メカゴジラはラスボスとして登場してきます。

    メカ感が出ていてCGとの相性はバツグンでした。

    三式機龍の姿でなかったのは少し肩透かしでしたが、ノーマルスタイルでもかなり迫力がありましたよ。

    ガンダム

    森崎ウィンが演じていたとしろう(アバター名:ダイトウ)が「俺はガンダムで行く」といったセリフを行ってガンダムを機動させました。

    そして、メカゴジラと戦闘シーンは激アツでした。

    ガンダム好きにはたまらなく熱い展開です!

    CGでのガンダムはかっこよさが倍増していましたよ。

    レディ・プレイヤー1:ウルトラマンが登場する予定だった?

    レディ・プレイヤー1の原作となっているのは『ゲームウォーズ』ですが、この作品にはウルトラマンが登場しています。

    ですが、映画では登場しませんでした。

    それらの理由はファンたちが考察していました。

    Twitterの情報によると、権利問題でゴタゴタしてたために映画に登場させることができなかったのだとか。

    ウルトラマンの制作会社である円谷プロダクションは映画出演に前向きでしたが、海外の権利問題を抱えていたために使用できなかったようです。

    いや~、残念でしたね。

    でも、ゴタゴタは収束したようなので、第2シリーズには登場してくる可能性は非常に高いですね。

    レディ・プレイヤー1では登場を果たせなかったものの、レディ・プレイヤー2には登場してくることを期待しています!

    レディ・プレイヤー1の吹き替え映画を実質無料で視聴する方法

    レディ・プレイヤー1の吹き替え映画は動画配信サービスの無料トライアル期間と登録時に付与されるポイントを利用すれば、実質無料で視聴できます。

    まとめ:レディ・プレイヤー1には日本キャラが登場

    レディ・プレイヤー1には日本のキャラクターがたくさん登場していました。

    物語を楽しむだけでなく、隠しキャラを探すのも一つの楽しみ方です。

    まだレディ・プレイヤーを観ていないという方は一度ご覧になってください^^

    あわせて読みたい
    レディ・プレイヤー1|としろう役の森崎ウィンはどこで登場する?世界で話題になったハリウッド映画『レディ・プレイヤー1』には日本人俳優も出演していました。 その名も森崎ウィン。 俳優業や歌手など幅...

    関連記事

    U-NEXTならアニメも映画も見放題!※

    アニメや映画を楽しむならU-NEXTがおすすめ!

    U-NEXTは国内最大級の動画配信サービスで視聴できるアニメの作品数が日本一となっています。

    今なら登録してから31日間無料

    初回登録者にはU-NEXTポイント『600ポイント』が付与され、無料期間内でポイントを利用すれば、ポイント課金が必要な作品でも実質無料で視聴可能。

    無料トライアル期間が終わった後も毎月自動的に1,200ポイントが加算され、課金作品だけでなく、映画館にも利用できます。

    U-NEXTはワンクリックで解約ができるので安心です。

    \無料キャンペーンあり/
    U-NEXT公式ページ ↑タップで配信作品をチェック↑

    ※一部、ポイント課金が必要な作品があります。