映画

耳をすませば|図書館や杉の宮駅のモデルはどこ?京王線に杉の宮駅はあるのか

1995年に公開された、誰もが知っているジブリの青春ストーリー、耳をすませば。

こんな青春に憧れると、誰もが思ったのではないのでしょうか。

耳をすませばにモデルの街があるのなら、ぜひ行ってみたいですよね。

今回は、そんな耳をすませばのモデルはどこかについて、項目毎に調べていきたいと思います。

耳をすませばの舞台はどこ?

耳をすませばの舞台は、東京都多摩市の丘陵にある、聖蹟桜ヶ丘だと言われています。

新宿駅から京王線特急に乗って、約30分のところにあるのが聖蹟桜ヶ丘です。

背景モデルとしては、多摩市の他に日野市、武蔵野市が使われているのだそうです。

 

聖蹟桜ヶ丘のさくら通りは、雫がムーンを追いかけた道にそっくりです。

この通りから見上げると、映画の背景に使われている京王デパートが見える景色が見えるそうです。

さくら通りを歩いていくと、霞ヶ関橋があります。

ここは、映画で雫と聖司が歩いていました。

しかし、原作と映画は異なるようで、原作は作者である柊あおい先生の出身地、栃木県壬生町や宇都宮市と言われています。

聖蹟桜ヶ丘はもちろん訪れてみたいですが、栃木県で原作の聖地巡りもしたいものですね。

 

耳をすませば|図書館のモデルはどこにある?

図書館のモデルの場所は、東京都多摩市いろは坂桜公園だそうです。

しかしながら、いろは坂桜公園には図書館はありません。

映画で実際に出てくるいろは坂は、実際にはいろは坂通りとして存在しています。

 

東京都多摩市桜ヶ丘4丁目にあります。

いろは坂の入口は、雫がお父さんにお弁当を届けるために通る道です。

実際の聖蹟桜ヶ丘でも、いろは坂通りを通ってロータリーに向かいます。

 

ロータリーには、映画では地球屋があるとされています。

かつては、地球屋のモデルとなった珈琲屋さんがあったのですが、今は閉店しているため残念ながら見ることはできないそうです。

いろは坂で1番長い階段である天守台は、あの有名な地球屋から図書館への近道として、雫がかけ降りた階段です。

 

階段下には、「金毘羅神社 階段上」と書いてあります。

ちなみに、金毘羅神社は雫と杉村が話した、あの神社です。

実際の天守台からは、いろは坂は見渡せません。また、映画では傾斜があるように見えますが、急な階段ではなく長さもそこまでありません。

 

図書館も、原作と映画と異なるようで、原作は栃木県宇都宮市にある、栃木県立図書館であると言われています。

図書館のモデルを見るなら、栃木県に行ってみる必要がありそうです。

耳をすませば|京王線に杉の宮駅なんてある?

京王線には、杉の宮駅はありません。

しかし、舞台になっている駅はあります。京王線の聖蹟桜ヶ丘駅です。

耳をすませばの聖地にしても有名であり、今でもファンが訪れるそうです。

 

列車接近時の発車ベルは、2012年から耳をすませばの主題歌のカントリーロードとなったので、一度聴いてみたいものです。

京王線の車内では、雫がムーンに話しかけるシーンが有名だと思います。

また、聖蹟桜ヶ丘には雫がムーンを追いかける階段もありました。

 

ぜひ駆け下りてみたいです。聖蹟桜ヶ丘駅を西口に降りると、地球屋を意識したポストもあります。

ファンが願いを書いて投函することができ、夢が叶ったら報告としてまた投函できるようになっています。

地元の人々の思いが届き、ジブリから作成許可が下りました。

 

ぜひ見てみたいですね。

西口の改札口を出て左手に進み、看板の前に立つと、雫が杉の宮駅の看板前に立っている気持ちになれます。

駅を出た後の街並みも、映画で見ることができます。

ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『耳をすませば』の映画を無料で見れる方法があります。

もちろん、合法なのでご安心を^^

ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

あわせて読みたい
ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

 まとめ:耳をすませばのモデルとなった街

耳をすませばの世界観を感じるために、東京都多摩市の聖蹟桜ヶ丘にぜひ訪れてみてください。

今回は詳しく調べていませんが、他にも、聖司が雫に告白した場所や、雫が住んでいた団地のモデルもあります。

雫と聖司の気持ちが味わえると思いますし、耳をすませばの中にいるような感覚になります。

ぜひ、聖地巡りをしたいですね。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です