映画

火垂るの墓|節子はわがままでイライラする?うざいと言われる理由について

火垂るの墓は、作者、野坂昭如自身の戦争体験を題材とした作品です。

太平洋戦争末期、戦火のもと親を亡くし、兄弟2人で生き抜こうとする14歳の兄清太と、4歳の妹節子。

戦後日本の社会の狭間で、儚く消えてしまった2つの命の悲しみが表現されています。

火垂るの墓を語る上で、必ずと言っていい程テーマにあがるのは、節子について。

引き取り先の叔母への態度や、清太への甘えた態度に、見ていてイライラする、うざいなんて言われることもあります。

節子はわがままなのでしょうか?

火垂るの墓|節子とは

ヒロインの節子は4歳

兄を慕い、時にわがままを言いつつ、甘えん坊な一面もありますが、母の死を受け入れ、過酷な環境の中で懸命に生きる、純粋無垢な女の子です。

節子を語る上で欠かせないのが、「サクマ式ドロップ」。

 

この時代のドロップは2人にとって贅沢なご褒美で、死を直前とした節子が、最後に食べたいものもドロップでした。

後に、節子は栄養失調で衰弱し、短い生涯に幕を閉じるわけですが、その生涯が節子の

「なんで蛍はすぐ死んでしまうん?」

という言葉とリンクし、胸を打たれた人も多いのではないでしょうか。

火垂るの墓|節子はわがまま?

清太に対して、「雑炊いやや」、「防空壕いやや」と嫌と駄々をこね、泣きわめいて困らせるシーンがありました。

節子に対して、兄として今できることをしていても、節子はそのありがたさに気づかず、へそを曲げてしまいます。

確かに、この時代背景を考えると、節子の言動はわがままかもしれません。

 

食べ物があるだけまし、寝る場所があるだけましというように、他にはもっと辛い環境の人がいるという考え方ですね。

しかし、子供が正直な気持ちを声に出すことは、わがままなのでしょうか?

大人と子供の差は、理性を保てるかどうかです。大人であれば、状況を判断でき、自分の立場も理解できます。

 

しかし、子供はまだ理解できません。

周りの顔色を伺い、発言する子供のほうが恐ろしいくらいです。

また節子は4歳の子供ですから、節子のために頑張る清太に甘えていたところもあると思います。

 

私自身子供の時は、泣けば親が何とかしてくれると思っていましたし、カップルでも尽くす彼がいると、彼女がわがままになると言われることもありますよね。

素直な気持ちを言えるのは、受け止めてくれる相手がいてこそです。

 

節子にとって清太は甘えても許される、絶対的な存在だったのでしょう。

戦争は子供が子供らしく生きることさえ否定している、異常な時代でした。

そのような時代に、素直な発言をする節子はわがままに映るのかもしれませんね。

火垂るの墓|節子がうざいと言われる理由

映画が好きな人の中にも、アンチ節子派はいるようです。

つまり、「節子がうざい」と。そう感じてしまう理由は何でしょうか?

 

それは根底に日本人的感覚があるからだと思います。

節子の素直な言葉で、叔母をいら立たせるシーンがありました。

叔母の嫌味な発言に、「せやかてこれうちのお米やのに」と言い返します。

 

まさに、売り言葉に買い言葉ですね。

ここで見ていた人の中には、何でそんな事言うの?と感じた人もいるでしょう。

まさに空気を読めというものです。

 

現代でも空気が読めない人は、うざい、うるさい、自己中と言われがちです。

集団生活、組織の中では空気を読んで発言しなさい、相手を思いやる行動をしなさいと教わります。

 

できない人は、気が利かない奴に見事ランクインです。

このような文化が根底にある日本人にとって、周りの状況を考えず、素直な気持ちを表現する節子はわがままで、うざい存在になるのかもしれません。

ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『火垂るの墓』の映画を無料で見れる方法があります。

もちろん、合法なのでご安心を^^

ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

あわせて読みたい
ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

まとめ:火垂るの墓の節子

節子はわがままなのか?なぜうざいと言われるのか見てきましたが、いかがでしたか?

火垂るの墓は、海外からも高い評価があります。

映画を通して戦争のあり方を評価する海外のコメントと比較すると、日本では登場人物に焦点を当てたコメントも多くありました。

一人一人の登場人物に焦点を当て、わがままに映る節子の言動に賛否両論意見が分かれるのは、日本人特有の反応なのかもしれませんね。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です