崖の上のポニョ

崖の上のポニョ|父フジモトが除草剤をまいていたのはなぜ?人間嫌いになった理由についても

一生懸命な割には娘たちからは好かれていない父フジモト。

そんなフジモトに共感される日本のお父さん方も多いのではないでしょうか。

本日はそんなフジモトについて詳しく見ていきたいと思います。

崖の上のポニョ|フジモトとは

ポニョのお父さん。

元は人間でしたが、ポニョの母グランマンマーレと恋に落ち、人間をやめて魔法使いになりました。

どうやって人間をやめたのかは推測ですが、グランマンマーレは公式設定では「海なる母」となっており、海の女神と言って差し支えない存在です。

 

そんなグランマンマーレに魔法使いに変えてもらったのではないでしょうか。

フジモトは人間であったころ、海底二万里という物語に出てくる潜水艦ノーチラス号の船員をやっていたという設定です。

何故、人間と女神が恋に落ちたのか非常に気になりますが、映画中にはそういった描写はなかったので詳しくは分かりません。

 

普段は、娘たちの子育てを一人でやっているようでイクメンパパです。

母のグランマンマーレは神様ですし、お忙しいのでしょう。

そしてフジモトの最も特徴的なところと言えば変な恰好です。

 

髪は赤。

ポニョはお父さんの髪の色を引き継いでいますね。

そして青と白のストライプのスーツ。

 

後半では赤と白のストライプのスーツも着ていました。

目の下が青く(もしかしてメイクではなく隈かもしれません)、頬にはチークをしています。

そんな怪しげな見た目のお父さんですが、海を愛しており世界中のほとんどが海水に覆われていたカンブリア紀のような世界を再来させようと日夜研究に明け暮れています。

 

娘のことも大事に思っているのが見て取れるのですが、ポニョだけでなくほかの娘たちにもあまり好かれていません。

ポニョには、悪い魔法使いとまで言われていました。

悲しいお父さんです。

崖の上のポニョ|フジモトが除草剤をまいてた理由

行方が分からなくなったポニョを探して、フジモトが陸に上がった時に足元にまいていたのは、除草剤ではありません。

本人曰く「深い海のきれいな水」です。

乾燥しないように自分の足元に水をまいていたのですが、そんな事情を知らない宗介の母リサに除草剤をまかないでと注意されていました。

 

その後リサには不気味男とまで言われていましたが、私もフジモトみたいな怪しい恰好した人が水をまきながら近づいて来たら、不審者だと思ってしまいますね。

リサみたいに抗議はしないで速攻で逃げます。

ですが、どんなに怪しく見られても人間ではなくなったお父さんには、魚と同じように常に水が必要だったのかもしれません。

 

そう思うと不審者扱いされるのも少し気の毒な気がします。

崖の上のポニョ|フジモトが人間嫌いなのはなぜ?

父フジモトは人間を愚かで忌まわしいと思っています。

人間は海から命を奪い取るだけだ。」と。

そのように言われると返す言葉もありません。

 

思い当たるフシがたくさんあります。

人間がいなければ、魚の乱獲もなくなりますし、海が汚されることもありません。

ポニョが底引き網漁に巻き込まれる最初の方のシーンでも、ゴミだらけの海中の描写がありましたね。

 

そういう人間の嫌な面を見続けると、海を本当に愛しているフジモトにとっては、人間という存在は忌まわしいものとして映るのでしょう。

ですが、フジモトは人間嫌いを公言している割には、デイサービスのひまわりの家のおばあちゃん達に接する態度などを見ると丁寧です。

なので、口では人間を嫌いと言っていても、実際のところはそんなに嫌っている訳でもないのかもしれません。

 

自然破壊を辞めて欲しいという気持ち=人間嫌いと言い表しているように感じました。

最後に、宗介とも握手してきちんとお別れしていたし、変わってはいるけど結構良いひとなのではないでしょうか。

ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『崖の上のポニョ』の映画を無料で見れる方法があります。

もちろん、合法なのでご安心を^^

ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

あわせて読みたい
ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

まとめ:崖の上のポニョのフジモトについて

本日は、ポニョの父、フジモトについて詳しく見てまいりましたがいかがでしたでしょうか。

ポニョはたった5歳でフジモトの元を去ってしましましたが、他にもたくさん娘がいるのでこれからも子育て頑張ってと心の中で応援したいと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です