借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティ|家政婦ハルさんのはうざい?嫌いな理由まとめ

ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」に登場するキャラクターである家政婦のハルさん、この映画をご覧になった方の多くは、家政婦ハルさんにマイナスのイメージを持たれたのではないかと思います。

検索上位にも「嫌い・ウザい」などの記事が多数出てきます。

この記事では、主人公の住む家のお手伝いさんである「家政婦ハルさん」が、なぜこれほどまでに視聴者から嫌われてしまったのかを考察していきます。

借りぐらしのアリエッティ|家政婦ハルさんとは

主人公である翔の祖母の妹「貞子」に雇われている家政婦として登場します。

公式HPでは何十年も住み込みで働いている、好奇心旺盛なおばあさんとして紹介されています。

年齢は65歳の設定になっており、声優は樹木希林さんが担当されています。

 

米林監督はインタビューで

「ハルさんは昔、小人を見たことがあるんです。当時は屋敷に庭師やお手伝いさんがたくさんいて、みんなに見たのよと言って回ったのに、誰も信じてくれなかった。」

ということを仰っており、裏設定も明らかになっています。

借りぐらしのアリエッティ|ハルさんのうざい・嫌いな点3選

この記事を読んでいる皆さんが一番気になっている部分、「家政婦のハルさんがこれほどまでに視聴者に嫌われてしまった理由」を3つにまとめてみました。

第一に挙げられるのは、アリエッティ(小人)達を捕まえようと数々の悪行を行ったことでしょう。

アリエッティ達は人間達に害を与えることはなく、ただただ静かにひっそりと暮らしていただけなのに。

家政婦のハルさんは、ネズミ駆除の業者にまで依頼を出し小人達の捕獲に乗り出します。

 

視聴者の視点からは弱い者いじめをする悪い奴に見えてしまいますよね。

 

2つ目は、小人の捕獲を行う際に主人公である翔くんの部屋に鍵をかけて閉じ込めてしまったシーンです。

翔くんは療養の為に引っ越してきたまだ12歳の小さな子どもです。

鍵をかけて閉じ込めるなんて明らかにやり過ぎですよね。一介の家政婦が、あるまじき行為です。筆者も初見の視聴でこのシーンで怒りを覚えましたね。

 

3つ目ですが、これはハルさんというキャラクターが、と言って良いのか難しいところですが、「台詞」と「表情」だと思います。

家政婦ハルさんの声優は樹木希林さんが担当されていますが、この樹木希林さんの演技が素晴らし過ぎて、ハルさんというキャラクターの憎らしさを倍増させています。

そして極めつけに、スタジオジブリが誇る圧倒的な作画力です。

 

借りぐらしのアリエッティだけではないですが、キャラクターの個性豊かな表情の表現が完璧なのです。

その圧倒的な作画力で描かれたハルさんの意地の悪そうな顔は本当に憎らしく感じてしまうのです。

劇中シーンの、アリエッティのお母さんであるホミリーをハルさんが発見したときの「みーつけたー」

は、声の力と表情の力で本当に恐怖すら覚えるものでした。

借りぐらしのアリエッティ|ハルさんはうざい?うざくない?

あくまで筆者の個人的感想ですが、どちらかはっきりさせるならば「うざい」です。

米林監督の言われる過去の裏設定があり、ハルさんがトラウマを抱えていたとしても、やっぱりどうしても好きにはなれないキャラクターですね。

とは言え、ハルさんが極悪人かと聞かれるとそうでもないんですよね。

 

ホミリーを捕獲して瓶詰めにしたときも、蓋のラップに穴を開けてホミリーが窒息しないようにしていましたし、小人の捕獲をネズミ駆除業者に依頼したときも、駆除ではなく捕獲してほしいと依頼をしており小さな泥棒を追い出してやろう。

というよりは本当に小人の存在を証明したかっただけではないかと感じ取れます。

ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『借りぐらしのアリエッティ』の映画を無料で見れる方法があります。

もちろん、合法なのでご安心を^^

ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

あわせて読みたい
ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

まとめ|家政婦ハルさんのウザイ点

ここまで「家政婦ハルさん」の嫌いな所ばかり紹介してきて、筆者自身も堂々とハルさんはウザいと言ってしまいました。

しかし、借りぐらしのアリエッティという作品全体で見ると、嫌われ者の家政婦ハルさんは良いくせ者であり、物語の進行に程よい刺激を与えている重要キャラクターと言っても過言ではないでしょう。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です