アニメ

魔法科高校の劣等生|司波達也の正体がバレるのはアニメ何話?トーラスシルバーの凄さとは

アニメ化もされ大人気のライトノベル「魔法科高校の劣等生」、

この主人公である司波達也の正体や能力についてみていきます。

魔法科高校の劣等生|司波達也のプロフィール

  • 氏名:司波 達也(しば たつや)
  • CV:中村悠一(なかむらゆういち)
  • 生年月日:2079424
  • 身長:約178cm
  • 体重:70kg

    学力はトップクラスですが、入学時の試験方法では魔法師としての実力は低いと判定され二科生として入学しています。

    詳しくは後述しますが、魔法工学のエンジニアとして高い才能があり、2年次からは魔工科生となっています。

     

    1年次は風紀委員会、2年次からは生徒会副会長からの生徒会書記長を務めています。

    妹の深雪とは同学年ですが、双子ではなく早生まれの年子の妹です。

    魔法科高校の劣等生|司波達也の本当の正体は?隠していた理由

    本当の正体といっても、司波達也には周りに秘密にしていることがいくつかあります。

    まずは、国防陸軍の戦略級魔法師であり、正式には“大黒達也 特尉”であることです。

    アニメ第24話で明らかになるのですが、参加していた全国高校生魔法学論文コンペティションでテロに襲われます。

     

    相手はただモノではなく、助けに来た国防陸軍の風間少佐らが達也に対して「特尉」と呼ぶのです。そこで皆に知られてしまいます。

    その戦いで、達也は深雪に能力の解放として額にキスをします。

    封印(制限)されていた能力もまた、達也の隠していた力でもあります。

     

    それは戦略級魔法「マテリアル・バースト」の使い手であることです。

    達也は銃を部品ごとバラバラにしたり、弾丸を消滅させたり、早い話がなんでも分解できてしまう「分解」の能力を持っています。

    その中でもマテリアルバースト(質量爆散)は質量をエネルギーに分解する究極の分解魔法であり、極端なことをいうと世界をも滅ぼすことが出来るような最強クラスの力ともいえるでしょう。

     

    あまりにも強大な力で、アニメ26話では、大亜連合の艦隊数十隻を壊滅させています。

    そのため、達也個人の意思で使用させないよう深雪によって普段は封印されているのです。

    他にも、「再生(再構築)」の能力を持ち、他者の傷を治したり自己修復術を使うこともできます。

     

    体術にも優れており、忍術使いの九重八雲の弟子として武術の修業を受けている、といった強さの秘密があります。

    また、頭脳面でも非常に優れており、有名な魔法工学技士として知られている「トーラス・シルバー」もまた、司波達也が共同開発者の一人なのです。

     

    トーラス・シルバーは、CADメーカーであるフォア・リーブス・テクノロジーに所属する魔法工学技士として通っていますが、その実像はトーラスこと牛山欣治と、シルバーこと司波達也の二人が共同開発で行っているものです。

    ではなぜこれほどまでに強く才能もあるのに、正体をばらさず秘密にしているのでしょうか。

     

    その理由は、十師族の中でも大きな影響力を持つ「四葉家」の深い関係者であることがあげられます。

    達也の母である司波深夜は、四葉家現当主・四葉真夜の双子の姉です。

    つまり、現当主の甥という非常に深い関係者です。

     

    しかし秘密主義の強い四葉家の力で、過去のデータが閲覧できないようにされていたり、「司波」と名乗っていたりと、周りには関係者であることが隠されています。

    達也自身は、過去に「人口魔法演算領域」を植え付ける精神改造手術を行い、深雪に対する愛情以外の感情を失っているため、四葉家への忠誠心など執着はありません。

     

    むしろいずれそこから脱したいと考えていました。

    ただ、「四葉継承編」では、達也は次期当主の深雪の婚約者に指名され、四葉家に取り込もうとされます。

    まだ婚約のみで結婚までには至っておりません。

    魔法科高校の劣等生|トーラスシルバーはどれくらい凄いのか

    達也の秘密の一つであるトーラス・シルバーとはどれほど凄い功績があるのでしょうか。

    • 世界初のループ・キャスト実現
    • 特化型CADの起動式展開速度を20%向上
    • 非接触型スイッチの誤認識率を3%から1%未満へ低下させる

      など、たくさんの功績を残し魔法界の進歩に大きく貢献をしています。

       

      中でも、加重系魔法の技術的三大難問の一つであった「常駐型重力制御魔法(汎用的飛行魔法)の実現」つまり空飛ぶ魔法を成功させています。

      学校内にもトーラス・シルバーの熱狂的なファンも多くおり、生徒会メンバーの中条あずさもその一人です。

       

      九校戦で達也がCADの調整をおこなった選手が好成績をあげ、あずさは達也がトーラス・シルバーなのでは?と疑うシーンも描かれています。

      結局正体はばれなかったものの、魔法工学のエンジニアとして高い能力が披露されました。

      この才能もあり、2年次からは魔工科生となっています。

      まとめ:魔法科高校の劣等生・司波達也について

      「劣等生」というタイトルからは程遠く、「分解」や「再生」の強大な力を持ち、体術にも優れ、魔法工学のエンジニアとしても才能を発揮している司波達也。

      深雪でなくても「さすがはお兄様!」と言いたくなってしまいます。

      ですが実は十師族「四葉家」に運命を握られているという大きな秘密を抱えている実態が明らかになりました。

      周りのみんなに正体はばれるのか?四葉家とはどう決着がつくのか?今後の展開にも大注目です。

      関連記事

      COMMENT

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です