2021年夏アニメ

うらみちお兄さんはつまらないし寒い?気持ち悪いと感じる理由についても

うらみちお兄さんは、一迅社から出ている。

疲れた大人たちによるリアルかつブラックシュールギャグ漫画です。

現在は5巻まで単行本が出ており、今年7月にアニメが放映されるのが決まっているという今、大人気の漫画です。

しかし、そのうらみちお兄さんがつまらないという意見がありましたので、そちらを調査していきます。

うらみちお兄さんはつまらないという意見を調査

うらみちお兄さんはつまらないのか

何故、つまらないと言われているのか調査をしてみた結果、

暗いことを言えば、それがギャグになると思っている

うらみちと言っておきながら、お兄さんに表の発言はほぼなく、日常的に裏の部分を見せている

Twitterで見る分には面白いが、内容はワンパターン

絵柄は好きだけど、読んでいると飽きてくるので読み返す気にはなれない

毎回同じような愚痴を言っていて、最後まで読むのが大変だった

参考:うらみちお兄さん一巻Amazonレビュー

との意見がありました。

つまり、うらみちお兄さんの内容的に、爽やかに見えつつもどこか闇を抱えたお兄さんが結構リアルありそうかつ、ブラックなネタを言うという感じなので、現実まで愚痴やネガティブな話題が聞きたくないという方や、毎回お決まりのような、展開を見るのがつまらなくて飽きてしまうという意見が多かったです。

うらみちお兄さんの寒い点3選

うらみちお兄さんの寒い点を3つ紹介していきます。

あくまで私個人の意見ですのでご了承ください。

1つ目は大人の闇

うらみちお兄さんに出てくる子どもたちは、4-6歳ぐらいの幼稚園児辺りが多いと思いますが妙にスレていて、大人びています。

未来のある子ども達に向かって大人のどうしようもない愚痴を言って、子どもに気を使って貰うのは、いい大人として情けないところがあります。

案外子どもって気を使いますし、現実を見せるなとは言いませんが、小さい頃の子には、サンタさんは本当は自分だと言わない様に、現実を押し付けないで、小さい頃、特有の世界観を壊さないであげるのが、大人というものです。

2つ目は毎回の流れ

漫画の内容はというと、番組中に、子どもが何か質問を言う、お兄さんが現実を突きつけて、子ども達が現実を知ってしまってドン引きするという流れです。

番外編などで、他キャラ達と、どこかへ飲みに行ったりするような休日の回があったりもしますが、基本的にはいつもと同じで変わった展開なく終わります。

お話がどう展開していくのにワクワクする方など、何か刺激を求めて、読むと寒いと感じる人は多そうです。

3つ目はありがちなネタ

手を挙げていたのにタクシーが来なかったり、何か失敗して落としたり、無茶をいう嫌な上司、自分を巻き込んでくる社員など、よく言われている様にいうとあるあるネタで、悪い言い方をすれば誰でも思いつきそうなネタが多いです。

そのため内容などが薄いので、あまり記憶には残りにくいかもしれません。

私自身はあるあるネタなどが好きなので楽しめましたが、人によっては寒いと感じるのかもしれないです。

うらみちお兄さんが気持ち悪いと感じる理由

なかには、うらみちお兄さんが気持ち悪いと感じる人もいるようです。

うらみちお兄さんは教育番組の体操のお兄さんで、疲れていようが精神的に元気がなかろうが、仕事なので、楽しくなくても元気をださなければいけません。

しかし、その仕事での作り笑顔がかなり無理をしているので、なんとも気持ち悪いと感じるというのがあるみたいですね。

まあ、それを含めて個人的には面白く楽しませてもらっていますが。

まとめ

今回は、うらみちお兄さんがつまらないと言う意見や、寒いと言われている事について書かせて頂きましたが、皆さまはどう思われましたか?

好みがわかれる作品かもしれませんが、ブラックジョークや目が死んだお兄さんなどが好きな方は楽しめる作品だと思います。こ

ちらの作品が合わなかったという方は、同じ作者の作品、トリマニアがおすすめです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です