アニメ

ドラゴンボールGT|ルードの名前の由来と魔人ブウよりも強い戦闘力は?

ドラゴンボールGTには濃ゆい敵キャラが多く登場してきます。

ルードもその1人。

こちらでは、ドラゴンボールGTに登場してくるルードについて掘り下げていきたいと思います。

ドラゴンボールGT|ルードとは

ルードは、惑星ルードに登場してくる敵キャラです。

ベビーのエネルギー集めのために作られたマシンミュータントで、見た目は赤ちゃんのような形をしています。

黄緑色を基調とし、額やお腹の一部は金属板のようなもので作られています。

 

惑星ルードの人々はルード教という宗教に入信しており、ルードを信仰していました。

マシンミュータントだということを知らず、この惑星の人々はルードを神と思っていたのです。

狂信的な描写には恐怖を覚えた人も多いのではないでしょうかね。

 

ルードは人間のあらゆるエネルギーを動力源として活動します。

目から出る光線で人間を人形に変える能力を持っています。

人間のエネルギーを吸収するために、まず人間を人形にする工程を経ているのです。

第11話「ルードの呪い!?人形にされたパン」にて、パンはルードの光線によって人形に変えられてしまいましたね。

 

普段は目から光線を出すだけでじっとしているルードですが、ルードが動き出したのは第12話「神のお告げは超迷惑!!ルード軌道」でした。

ドラゴンボールGT|ルードの名前の由来

ルードの名前の由来はご存知でしょうか。

結論から申し上げますと、ルードの名前の由来は「ドール」からきています。

ドールは英語で表記すると、”doll”です。

 

つまり、”人形”を意味します。

ルードは人間を人形にする能力があることから、この名前がつけられたのでしょうね。

ドラゴンボールに登場してくるキャラの名前には、何かしらの由来がある点も楽しめる要素でもあります。

ドラゴンボールGT|ルードは魔人ブウよりも強い?

悟空がルードと戦った時はそこそこ苦戦していました。

 

悟空がルードに対して

「ものすげえ気だ」

「こりゃブウ以上だぜ」

と評価しています。

 

つまり、悟空が直接戦ったブウよりは戦闘能力が高いということが伺えます。

でも、魔人ブウにはいくつか形態があり、それぞれ戦闘能力も異なってきます。

魔人ブウの各形態の強さは下記の通り。

  • 純粋:1兆2000億
  • 南の界王神吸収:2兆4000億
  • 大界王神吸収(無邪気):1兆
  • 純粋悪:6000億
  • 悪・進化直後:6兆
  • 悪・最大:36兆
  • ゴテンクス吸収:80兆260億
  • ピッコロ吸収:36兆282億5000万
  • 悟飯吸収:96兆282億5000万
  • 悟飯吸収・怒り:192兆565億
  • ピッコロ吸収タイプ2:36兆260億
  • 悪:36兆
  • 善:4000億
  • 南の界王神吸収・逆変身:72兆
  • ミスター・ブウ:4000億

引用:http://dragonballbp.web.fc2.com/char/boobp.html

もはやありすぎて、魔人ブウの強さをどこで測ったらいいか分からないですよね笑

ドラゴンボールZにて、悟空は最も戦闘力の高い”悟飯吸収時のブウ“とも戦っています。

 

この時の悟空はベジータと合体して、ベジットとして戦っていましたが、記憶はあるはずなのでおそらくこのブウで間違いないでしょう。

ということは、ルードの戦闘能力は192兆565億以上であると推察できます。

ルード強すぎませんかw

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ドラゴンボールGTのアニメ動画は無料で視聴することができます!

詳細はこちら
ドラゴンボールGTの動画アニメ全話を無料視聴する方法

アニメ、映画、ドラマの魅力を広めませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFacebookで「いいね!」もお願いします^^!

関連記事

U-NEXTならアニメも映画も見放題!※

アニメや映画を楽しむならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTは国内最大級の動画配信サービスで視聴できるアニメの作品数が日本一となっています。

今なら登録してから31日間無料

初回登録者にはU-NEXTポイント『600ポイント』が付与され、無料期間内でポイントを利用すれば、ポイント課金が必要な作品でも実質無料で視聴可能。

無料トライアル期間が終わった後も毎月自動的に1,200ポイントが加算され、課金作品だけでなく、映画館にも利用できます。

U-NEXTはワンクリックで解約ができるので安心です。

\無料キャンペーンあり/
U-NEXT公式ページ ↑タップで配信作品をチェック↑

※一部、ポイント課金が必要な作品があります。