崖の上のポニョ

崖の上のポニョの元ネタは神話?映画と原作との違いについても徹底調査

スタジオジブリの作品は国民的アニメ映画として誰もが一度は観たことがある作品ばかりです。大人から子どもまで楽しめる作品が多く、名作が多いことでも知られています。

今回ご紹介する「崖の上のポニョ」その一つです。また、ジブリ作品には都市伝説や設定考察もたくさんありファンの間ではいつもその真偽について白熱した議論になります。

今回は「崖の上のポニョ」に関するテーマを調べてみました!

 崖の上のポニョの元ネタは北欧神話?

さて、様々ある「崖の上のポニョ」の考察の中でよく話題にあがるのが、「崖の上のポニョ」の元ネタは北欧神話ではないか?というテーマです。

一見、魚の女の子ポニョと人間の男の子宗介を主人公にした作品に北欧神話は関係ないように思われますが、ファンの中ではこの北欧神話説はわりとメジャーな話題です。

 

この話題の源泉となったのが、ポニョの本名です。

ポニョの本名はブリュンヒルデとなんとも神々しい名前なのです。

このブリュンヒルデ、実は北欧神話にでてくる盾乙女ヴァルキリーの名前なのです。

 

この本名から「崖の上のポニョ」は北欧神話と関係があるのではないか?との考察が生まれました。この件をもう少し詳しく調べていきたいと思います。

崖の上のポニョ|ポニョと宗介の由来となったモデル

ポニョの本名ブリュンヒルデを調べていくと一つのオペラに出会います。

その作品の名は「ニーベルングの指環」といい、ドイツの作曲家ワーグナーによる作品です。

この「ニーベルングの指環」の主人公の名前がブリュンヒルデというヴァルキリーです。

 

さらにこの作品は、ジークフリードという青年も登場し、ブリュンヒルデと恋に落ちます。ブリュンヒルデとジークフリードの悲恋を描いた物語なのですが、ブリュンヒルデ=ポニョ、ジークフリード=宗介という構図があてはまるのではないかと話題になったのです。

 

この「ニーベルングの指環」に加えて、北欧神話ではありませんが、同じく北欧のデンマークの絵本作家アンデルセンが描いた名作「人魚姫」(これも人間に恋をしてしまい、人間になりたい悲しい人魚姫の悲恋がテーマでした)のイメージとも重なり、

「ニーベルングの指環」+「人魚姫」+「ジブリ」=「崖の上のポニョ」

ではないかという考察が生まれました。

 

また、ポニョと宗介のキャラクターのモデルとして、作画監督を務めた近藤勝也さんの娘さんがポニョで宮崎駿監督の息子さんの吾朗さんの小さい頃がモデルではないかともいわれています。

崖の上のポニョ|映画と原作との違いを調査

映画原作は映画脚本ともに宮崎駿さんの作品となっていますが、全体のモチーフとなったと言われているアンデルセンとの「人魚姫」とはいくつかの違いがあります。

そもそもの舞台がヨーロッパと日本という違いがあるので、言語や設定、細部のディティールなどは違うのですが、キリスト教などの宗教色の強いセリフも描かれていません。

 

しかし、最大の相違点はラストにあると思います。

「人魚姫」が王子との恋に破れ傷心の中、泡になって消えてしまうのと違い、「崖の上のポニョ」は宗介の愛がポニョを人間として生きていく願いを叶えます。

観ていて心が温まるエンディングに仕上がっているのはさすがジブリ作品と言えます。

ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『耳をすませば』の映画を無料で見れる方法があります。

もちろん、合法なのでご安心を^^

ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

あわせて読みたい
ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

まとめ:崖の上のポニョの元ネタについて

いかがでしたでしょうか?

今回はジブリの名作「崖の上のポニョ」にまつわる北欧神話との関係についてご紹介しました。

宮崎駿監督自身はこの件については公式の声明を出してはいないものの「人魚姫」との関係については影響を受けたことを語っています。

その世界観は北欧からの影響は少なくないと言えるかもしれません。

次にポニョをご覧になるときは、「人魚姫」や「ニーベルングの指環」を鑑賞してから観るとまた違ったポニョの魅力に気付くことがあるかもしれません。

ここまでお付き合いいただきました皆さんのジブリライフが実り多きものであることをお祈りします。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です