平成狸合戦ぽんぽこ

平成狸合戦ぽんぽこで作者が伝えたいことは何?高畑監督のメッセージまとめ

平成狸合戦ぽんぽこは、1994年にスタジオジブリが公開した作品です。

平成に作られた作品ですが、令和の時代であってもこの作品から学べることはお多いでしょう。

今は亡き作者である高畑監督が、平成狸合戦ぽんぽこを通じて伝えたかった事や届けたかったメッセージなどを考察していきます。

平成狸合戦ぽんぽこで作者が伝えたいこととは

平成狸合戦ぽんぽこは、人間が進める多摩地区の都市開発と「化け学」という技を利用して開発を阻止しようとする狸たちとの闘いの物語になります。

最終的に都市開発は止められず、狸たちは町田という地域に移り住みます。

 

その後、「化け学」をつかえる狸は人間として生きていきます。

また、「化け学」をつかえない狸も「どっこい生きている」という作中の表現から、明るく朗らかに生きていると推測できます。

 

作中の最後にぽん吉という狸が画面の視聴者に向かって言います。

「あの...テレビや何かで言うでしょう、開発が進んでキツネやタヌキが姿を消したって...。あれ、やめてもらえません?そりゃたしかにキツネやタヌキは化けて姿を消せるのもいるけど、ウサギやイタチはどうなんですか?自分で姿を消せます?」

と。

 

ぽん吉の最後の言葉を素直に受け取ると、平成狸合戦ぽんぽこを通じて一番に伝えたかったことは、動物が減少したり絶滅したりしているのは人間の環境破壊によって起きているのが原因と伝えたかったのだと思います。

 

もちろん、年代や世代によって視聴者それぞれ感じ方は違うでしょう。

しかし、シンプルに一番伝えたい事は最後に持ってきて、子供たちにわかりやすく捉えてもらいたい意図があると考えることもできます。

ぽん吉の最後の言葉から環境破壊によって失う命もあるということを一番に伝えたかったのではと思います。

平成狸合戦ぽんぽこ|高畑監督のメッセージ

平成狸合戦ぽんぽこはジブリ作品で初めてナレーションやCGを採用しており、それまでのジブリ作品とは一線を画す作品になっています。

ジブリ作品においてファンタジーの王道を貫いてきた宮崎駿監督への挑戦状でもあり、高畑監督から視聴者に対して様々なメッセージを感じ取ってほしい作品にもなっているのではないでしょうか。

 

作中では狸たち同士で対立したり、直面している問題に対してそれぞれ思いを巡らせます。

ときには協力し一致団結したりと、まさに人間とやっていることは変わりません。

この物語から、信念をもって戦うことの必要性や、楽しいときには楽しい感情を表現する大切さを学び取れます。

 

他にも、結果が思い通りにならなくても生きることが重要など、それぞれ感じることはあるでしょう。

また、何かを成し遂げる上で犠牲を払うこともでてくるなど、特に子供たちがこれから人生を歩むにあたり、頭の片隅に置いておいてほしいという高畑監督からのメッセージもあると思います。

平成狸合戦ぽんぽこ|狸の描写を4種類に分けた理由

 平成狸合戦ぽんぽこにおいて狸の描写は4種類に分けられます。

  1. 人間の前では一般的な4足歩行の「本狸」
  2. 普段の日常では2足歩行の「信楽ぶり」
  3. 精神的に参っているときの「杉浦ダヌキ」
  4. 楽しい感情の時に描かれる「ぽんぽこダヌキ」

    狸の描写を4種類に分けた理由として、同じ対象を観ていたとしても、それぞれの感情や立場によって見え方が違ってくるのではないかというメッセージにも捉えられます。

     

    また、狸は化けるというイメージもあるので、作中では感情によって描写を変えるのはあたりまえ、という凝った演出をしている可能性があります。

    そしてジブリ作品ということもあり、視覚でも楽しませる要素を入れていきたいという高畑監督の思いもあると感じます。

    ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

    アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

    しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『平成狸合戦ぽんぽこ』の映画を無料で見れる方法があります。

    もちろん、合法なのでご安心を^^

    ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

    あわせて読みたい
    ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

    まとめ: 平成狸合戦ぽんぽこの作者のメッセージ

    ここまで、平成狸合戦ぽんぽこを通じて伝えたい事や高畑監督のメッセージ、狸の描写を4種類に分けた理由など考察してきました。

    王道のジブリ作品とは違ったテイストで観る人によっては評価が分かれます。

    しかし、必ず心に何か残るものがある作品だとは思います。

    観る価値は十分にある作品ですし、令和の時代を生きていくにあたっても一度は観てほしい作品です。

    ぜひ、興味が沸いた方は観てください。

    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です