平成狸合戦ぽんぽこ

平成狸合戦ぽんぽこのラストシーンの意味を考察!狸と共存できる街や人間界で生きる狸と狐のその後

1994年に公開されたジブリ映画の一つ「平成狸合戦ぽんぽこ」は、今でもジブリファンの中で人気があります。

この作品の見どころは、人間とタヌキたちが戦った末にあるラストシーンが印象的です。

この記事では、平成狸合戦ぽんぽこのラストシーンから、狸と共存する街や人間として生きる狸のその後について考察してまとめました。

平成狸合戦ぽんぽこのラストシーンをおさらい

森を開拓する人間とタヌキたちとの戦いが、どんどん激しくなり、死者まで出てしまう大戦争となりました。

しかし、結果として、人間に敗北した狸達は、人間から奪った金を元手に、変化出来る狸は人間に変身し、人間界の慣れない生活に四苦八苦しながらも溶け込むようになります。

 

人間として生活するようになった正吉は、仕事帰りにくたくたになりながら家に帰る途中、前を狸が横切ったのを観ました。

その狸を追いかけてみると、森の奥で狸が何匹もドンチャン騒ぎをしています。

 

その時、正吉は群れの中で踊る幼馴染みのポン吉を発見します

ポン吉を見るなり、あっという間に駆け出し、変化を解いて狸の姿でポン吉との再会を喜び会いました。

 

その後ポン吉が視聴者に向けて、こう一言。

ポン吉
ポン吉
「あの。テレビや何かで言うでしょう。開発が進んでキツネやタヌキが姿を消したって。あれやめてもらえません?そりゃ確かにキツネやタヌキは化けて姿を消せるのもいるけど…ウサギやイタチはどうなんですか?自分で姿を消せます?」

このセリフで、この作品は終わります。

平成狸合戦ぽんぽこ|狸と共存できる街はできた?

作品の中では、狸たちがみんなで最後の力を振り絞り、昔の里山の様子や、田園風景を見せる場面が登場します。

このことが功を奏したのか、メディアで「狸と共存できる街」と取り上げられ、元の地形を生かした公園が作られることになりました。

このことからも分かるように、人間たちは狸たち動物に歩み寄り、動物と共存できる街を目指そうと考えたのではないでしょうか。

 

こうした点は、動物たちと共存できる街に一歩近づいたような感じがしました。

しかし、狸たちの視点からみると、昔のように森でみんな仲良く暮らすという状況には程遠く、人間社会で生きる狸や、ほかの森で暮らすために土地を離れた狸たちもいました。

こうした状況を踏まえると、狸と共存できる街ができたとは言いにくいと考える視聴者もいるのではないでしょうか。

 

私は、この作品の中の公園が作られたのは、人間側に狸たちが一生懸命抵抗して、主張したことで実現できたものだと思うので、これは、狸たちの努力の証だと思いました。

平成狸合戦ぽんぽこ|人間界で生きる狸や狐のその後について考察

ラストシーンのポン吉のセリフには、どのような意味が込められているでしょうか。

考察してみました。

「キツネやタヌキには化けて人間の世界に溶け込むことができるものもいるけど、化けることができないタヌキやキツネ、またほかの動物たちは、姿を消しているのではなくて、住むところがなくて違う街に移り住んだり、または人間世界の交通事故なんかで犠牲になっているからだ。」

という、人間が住む街があるのは多くの自然と動物たちが犠牲になっている上に作られていることを忘れないでほしいというメッセージだったのではないでしょうか。

 

今でもポン吉が言ったように、化けることができる動物たちは人間界で生きているかもしれません。

しかし、便利な社会の中であまり狸や狐を見ることは減りました。

多くの動物たちは、まだ残っている緑豊かな森に逃げて楽しく暮らしているのではないでしょうか。

 

私は、人間たちが生きていくだけの便利な社会にするのではなく、動物たちと共存する街を作るためには、公園だけではなく豊かな山や川を残していく活動も大事なのではないかと思いました。

ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『平成狸合戦ぽんぽこ』の映画を無料で見れる方法があります。

もちろん、合法なのでご安心を^^

ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

あわせて読みたい
ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

最後に:平成狸合戦ぽんぽこのラストシーンについて

いかがでしたか。

このままの社会が進むと狸たち動物の暮らす場所はどんどん減っていきます。

狸たちの思いや願いを感じ取るために一度この作品を観てみてはいかがでしょうか。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です