映画

猫の恩返し|ナトルのかわいいシーンまとめ!種類や本名についても調査

映画「猫の恩返し」で主人公・吉岡ハルを猫の国へ案内する役として登場するのがナトルです。

愛らしい顔をしながらも猫の国の猫王の側近としてハルを強引に猫の国へ連れていくナトル………

どこか憎めない顔をするそんなナトルについて詳しく見ていきたいと思います。

 猫の恩返し|ナトルのプロフィール

そもそもナトルは猫の種類としては耳の折れた短毛のスコティッシュフォールドに当たります。

少しぽっちゃり猫として登場しますが、他の猫と比べるとあまり大柄な体型でもないようです。

性別について、どちらか分からない!という声をよく聞きますが、理由としてはその声でしょう。

 

女優の濱田マリさんが声を担当されており、「ハルさま~~~!」と満点の笑顔で駆け寄ってくる愛らしさに女性かも、と感じてしまうこともあります。

しかしながら猫の国を考えてみると、猫王が絶対的権力を持っており他の従者は皆男。

男に決定権があるというどこか封建主義的な考え方が見え、そこから考えると猫王が側近を女にするはずがありません。

 

つまりナトルは男性だと言えるでしょう。

次にナトルとう名前についてですが、こちらは公式版でナトルとなっているのでムタさんみたく本名がある、というわけではなさそうです。

しかし注意したいのが、猫王の秘書として登場するキャラクターに“ナトリ”という名前の猫が存在します。

 

長毛でいかにもセレブが好む猫、といった雰囲気がある猫ですが、ナトルとは全く違うのでご注意を。

猫の恩返し|ナトルのかわいいシーン

ナトルにはかわいいシーンがたくさんあります。以下それをご紹介します。

「ハルさま~~~!」「ハル様、お迎えにあがりましたにゃ。」とハルを呼びに来るナトル

なんといってもその声で満面の笑みで名前を呼びながら走ってくる姿は愛らしく、とてもかわいらしいです。

勿論ハルは猫の国へ連れていかれたくないのでうざく思っているようですが、どこか憎めないキュートさがありました。

「私どもの住む、猫の国へおいでくださいませ~!」

映画予告の冒頭にも使われるこのシーンですが、ナトルが両手をぱあっと広げてハルを招待しているのがかわいくてたまりません!

こんな誘われ方をしたら私ならすぐに行ってしまう………

そう思いました。

語尾の~にゃ。や話し方の緩さ

ナトルがかわいいと感じるのはその話し方に大きな要因があります。

どうしても語尾に「〇〇です~~~~」とついているようにしか聞こえず、溶けてしまうような緩さがかわいさのポイントです!

猫の恩返し|ナトルのうざい点3

ここではナトルのうざいと思う点を3つ挙げさせていただきます。

猫の国ファーストな点

 そんなナトルも最初に述べたように猫王の側近であり、嫌がるハルを強引に猫の国へ連れて行ってしまいます。

ナトルのうざさ、というのは猫の国が大好きで、ハルの気持ち、というよりも猫王の考え、王子と結婚できる=幸せという図式が成り立っているところにあるでしょう。

かわいい顔をして他人(猫)の意見を聞かず、今回の事件の元凶となった点

猫の国へ!と言われて「猫の国もいいかも………」と考えるハルにまだ詳しいことは何も伝えずハルが了承したと考えてしまうところもうざさかもしれません。

かわいい顔をしておきながら、実際ハルを猫の国に連れてきた元凶はナトルであり、嫌味な顔をしていないこところが逆に厄介なキャラクターだと言えるでしょう。

猫の常識をハルに押し付ける点

王子の意見も確認せずハルの気持ちを無視して一方的に褒美だとする猫王もなかなかですが、猫の常識を押し付け実際にハルを連れ去るという行動を起こしたナトルもよく考えてみるとうざく思える部分も多くあるかもしれません。

 

特に猫の国に招待する前の褒美というのは、ねずみをプレゼントしたり庭に猫じゃらしを生やしたりと、猫ならば!喜ぶものですが、人間との違いを分かっていない部分が見られました。

ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『猫の恩返し』の映画を無料で見れる方法があります。

もちろん、合法なのでご安心を^^

ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

あわせて読みたい
ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

まとめ:猫の恩返しのナトルについて

今回は「猫の恩返し」に登場するナトルについて見ていきました。

ハルの意見も聞かず強引に連れ去ったのはうざいかもしれませんが、愛くるしい顔で

「ハル様~~!」

と呼ばれるとどこか憎めない一面もあるようです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です