映画

風の谷のナウシカ|クロトワの「生きてたよ」と言った時の心理を考察!似てるキャラについても

宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作目にあたる『風の谷のナウシカ』。

本作に登場するトルメキア軍のクシャナ殿下の側近であるクロトワについてご存知の方はいるでしょうか。

ここでは、彼がどんな人間なのかを紹介させていただきます。

風の谷のナウシカ|クロトワとは

クロトワは、トルメキア王国の第4皇女クシャナが信頼をよせる側近であり、軍参謀でもあります。

アニメを見た時はクロトワを見て、ダンディなおっさんだなと思いましたが、年はなんと27歳です。

おっさんでは無く、お兄さんだったんですね。

 

アニメではクシャナの存在に霞んでしまいまいがちですが、かなり優秀な軍人さんです。

元々は平民出身の苦労人で、16歳の頃から船乗りで操船術に長けており、一兵卒から成り上がっているため、部下からの人望も厚いです。

どこかとぼけた男で数少ないコメディキャラクターの1人です。

 

アニメでは優秀な補佐として活躍していますが、原作では、トルメキア国王からクシャナの監視及び抹殺を命じられていました。

 

しかしその目論みはクシャナにバレており、逆に何度か暗殺されかける状態となっしまい、目的を達成する前に自分の命が無くなる事を悟ったクロトワは、最終的にはクシャナに寝返り、以後は有能な右腕としてクシャナと行動を共にしています。

風の谷のナウシカ|クロトワの「生きてたよ」と言った時の心理

上記の通り、コメディキャラクターでもあるクロトワは、普段はとぼけたような素振りを見せることが多いです。

しかし、彼は平民から成り上がってきた経歴があるため、野心やしぶとさを持っています。

そのため、虎視眈々と権力を奪い取るタイミングを伺っており、常に冷静でかつ冷酷な一面もある策略家です。

 

クシャナは、何も考えていないようなふりをして、実は野心家なクロトワの本性を見破っており、彼の事を「タヌキ」と称しています。

野心家であるが故に、クシャナの艦が撃墜されたとの報を受けた際には、事実上の最高司令官となったなった訳です。

心の中では、ガッツポーズとなっていたと思われます。

 

しかし実際はクシャナは生きていたため、戻ってきた際に、「生きてたよ」と吐露したのはガッカリさからきたものと思われます。

その後に「短い間だったな」とも呟いているため、これからという時に最高司令官では無くなった訳ですので、拍子抜けしてしまったのでしょうね。

風の谷のナウシカ|クロトワと似てるジブリキャラ

クロトワに似ているキャラクターは3人いると思われます。

それはゲド戦記に登場するウサギと紅の豚に登場するカーチス、そしてもののけ姫のゴンザです。

ゲド戦記のうさぎは、性格はクロトワに似ていないほどふざけたキャラクターではあります。

ウサギは主人であるクモの存在をひけらかし、偉ぶっています。

一方でクロトワはクシャナの存在をひけらかしはせず、むしろ尊重し、あわよくば利用しようとする策略家です。

そのことから性格は不一致しています。

しかし外見はまさにクロトワそのものかと思います。

もう1人の紅の豚のカーチスは、ぱっと見似ていないように見えますが、少し老けさせて、涙袋に線を入れ、髪の毛をクロトワにすると似てくると思います。

この考えはもののけ姫のゴンザも一緒です。カーチスも性格は似ていませんが、ゴンザのエボシへの忠誠心はクロトワに似ている部分があるかと思います。

ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『風の谷のナウシカ』の映画を無料で見れる方法があります。

もちろん、合法なのでご安心を^^

ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

あわせて読みたい
ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

まとめ

いかがでしたでしょうか。クロトワについてまとめてみました。

宮崎駿作品ではそこまで出番のあるキャラクターではありませんが、本記事を見て、なんとなくは彼の素性がわかっていただけたかと思います。

彼の事をより詳しく知りたい方は、ぜひ原作を読んでみてください。彼が熱い男である事がより理解できるかと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です