映画

魔女の宅急便の終わり方に違和感?ラストシーンでジジの言葉が聞けない理由も

スタジオジブリ長編アニメーション「魔女の宅急便」。

本作は魔法が使えなくなり、一度は空を飛べなくなったキキが、いろんな人と出会い、また空を飛べるようになるというハッピーエンドな作品です。

しかし、本作のラストで「おや?」と違和感のあるシーンが描写されています。

ここではそれについて紹介していきます。

魔女の宅急便のラストシーンをおさらい

キキはテレビで、飛行船が風に煽られ、制御不能な状態で飛んで行ってしまうのを目撃します。

そして、その飛行船から垂れたロープにトンボがぶらさがっているのに気がつき、大急ぎで現場へと向かおうとします。

そこで、デッキブラシを持った掃除夫から、ブラシを借り受けたキキは、再度空を飛ぶことに成功します。

 

なんとかトンボに近寄ろうとしますが、久々の飛行と、自分のものではないブラシであることから、キキはうまく飛ぶことができません。

そしてついにトンボは落ちてしまいます。

しかし、空中でキキがトンボの手をキャッチし、2人は無事に地上へ降りることができました。

 

記者に囲まれるキキのもとへ、ジジがやってきますが、相変わらずジジの声を聞くことはできません。

騒ぎが収まり、キキは両親に手紙を書きます。

手紙にはコリコの街で頑張っている事を告げており、そのシーンでキキが、コリコの街でデッキブラシに乗り、ジジとこれからも「魔女の宅急便」を営んでいく姿を描写して本作は終わります。

魔女の宅急便|終わり方に違和感がある点

違和感のある描写をここでは2点紹介していきます。

1点目はほうきがデッキブラシのままであるという点です。

ラストで、お母さんへ送った手紙の内容をキキが読みあげているでいる際に、キキがほうきに乗っているシーンが描写されます。

そのシーンでキキが載っているほうきはトンボを助ける際に使用していたデッキブラシのままです。

魔法がまた使えるようになったのであれば、普通のほうきでも良さそうな気がします。

魔法が使えるようになったきっかけをくれた物でもありますから、験担ぎの意味も兼ねて使っているのでしょうか。

そもそもデッキブラシってほうきなんですかね。

見ている人を考えさせる、そんな描写です。

 

2点目はジジが喋れなくなったままであるという点です。

落下中のトンボをキャッチし、町中から祝福されたキキの元にジジが来ますが、ジジはその時に何も言いません。

またほうきで飛べるようになった(=魔法が使えるようになった)にも関わらずです。

その理由については下記で紹介していきます。

魔女の宅急便|ジジの言葉を聞けないままでいる理由

また空を飛べるようになったにも関わらずジジの言葉は聞けないままで、本作は終わりました。

これで良いのかと疑問が浮かびますが、キキとしては良いと思っているようです。

本作ラストで、ジジは何も言わないジジがいてもキキは安心した表情をしていました。

 

ジジの声が聞こえないと慌てる素振りを見せるわけではなく、ホッとした表情を見せていたのです。

この事から、キキとジジの関係に言葉以上の繋がりが出来たと思われます。

今までは会話をする事で、成り立っていた関係でしたが、キキが多くの人と接し、人として成長した事で、心で通じる関係を築いたと考えられます。

 

これは宮崎駿氏がインタビューで回答している内容です。

だからこそ、ラストのキキはホッとした表情をしていたのかと思います。

子供から大人への大事な成長の一歩をキキもジジも踏み出したのです。

ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『魔女の宅急便』の映画を無料で見れる方法があります。

もちろん、合法なのでご安心を^^

ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

あわせて読みたい
ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

まとめ:魔女の宅急便のラストシーンについて

ラストで上記の2点について違和感を得た方もいたかもしれません。

ここでは個人的な見解を述べさせていただきました。これが正解というのは無いのかもしれませんが、作品を見たそれぞれの方にそれぞれの見解が得られるのがスタジオジブリの作品なのではないでしょうか。

だからこそ、長期にわたって愛され続けている作品なのだと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です