アニメ

ネネちゃんの本名や血液型は?マサオくんのことが好きなのか考察!

大人気アニメクレヨンしんちゃん。

その主人公であるしんのすけは、春日部防衛隊に所属しており、その防衛隊の紅一点であるネネちゃんについては皆さんご存知かと思います。

そして彼女が、優しげな可愛い幼稚園児のように見える反面で、バイオレンスな一面もある事はアニメでも良く描写されております。

ここではそんなネネちゃんについてまとめてみました。

ネネちゃんのプロフィール!本名・血液型など

ネネちゃんの本名は、桜田ネネ

血液型はB型で、しんのすけと同じふたば幼稚園のひまわり組の5歳の女の子です。

初期の頃は、おませな女の子で、少々泣き虫な面がありましたが、原作、アニメ共に酢乙女あいが転園してきた頃を機に、凶暴性が増しました。

 

趣味はご存知リアルおままごとです。

リアルおままごとは、ネネちゃんが用意した昼ドラ仕立ての脚本に従った、リアル(現実的)なおままごとです。

防衛隊のメンバーの都合は一切考慮せず、ネネちゃんの鶴の一声で強引に参加させます。

 

配役に関しては、しんのすけや風間くんが夫の場合、待遇の良い扱いを受けますが、マサオくんの場合、安月給や無計画等のポジションが多いです。

結局は、離婚して実家に帰るというバッドエンドとなる事が多いため、防衛隊のメンバーは高確率でリアルおままごとを嫌っています。

母親である桜田もえ子からの血筋なのか、嫌なことがあると物陰に隠れてウサギのぬいぐるみをサンドバッグにして殴り、ストレス解消しています。

ネネちゃんはマサオくんのことが好き?

防衛隊のメンバーの中でも、マサオくんに対するネネちゃんの対応は、群を抜いて厳しいものとなっています。

それはネネちゃんがうじうじする男に対してイライラするタイプだからです。

そのため、マサオくんには一際荒く、恫喝したり、暴力をチラつかせて脅したりするほどです。

 

しかし、ネネちゃんは、リアルおままごとをする時には、マサオくんと2人でする事が多いです。

ネネちゃんはなぜそんなマサオくんと一緒にいるのでしょうか。実はネネちゃん自身もそれは分かっておりません。

なんでマサオくんだとイライラするのかしら?」と戸惑うシーンがあるほどです。

 

もしかしたら、マサオくんの事が好きという気持ちにネネちゃんが気づいていないだけなのかも知れません。

マサオくんはうじうじしてすぐ泣くオニギリですが、優しさのある男の子です。

2人の関係は満更でもないかも知れませんね。

未来のネネちゃんの職業

アニメでは、将来の夢は女優と豪語するシーンが描写されています。

若くしてスカウトされ、20代でアイドルから女優に転身、その後結婚のため引退するも、35歳で芸能界に復帰する」という、具体的なビジョンまで持ち合わせているほどです。

 

夢物語のように思えますが、現実化も可能なのではないかと個人的には思います

趣味のリアルおままごとは、大人も驚くほどのリアルさを持っています。つまり、ネネちゃんの書いた脚本が上手いということです。

俳優業は、いろんな役になりきるために、観察眼が必要となります。ネネちゃんは5歳にして、その観察眼を持っていると考えられます。

さらに、普段の態度から、大衆の前で演じきる度胸も彼女には備わっていると思います。

アイドルや俳優とはいかなくても、得意の観察眼で、脚本家とかになっているかも知れませんね。

まとめ:クレヨンしんちゃんのネネちゃん

ここまでネネちゃんについてまとめてみました。

ネネちゃんの傍若無人の態度に防衛隊のメンバーはだいぶ振り回されているようです。

特にネネちゃん考案のリアルおままごとに関しては誰も逆らう事が出来ません。

しかし、ネネちゃんのリアルを追求したおままごとは、大人の目からしてまさに現実的なおままごととなっており、将来はお得意の観察眼を活かした職業に就いているのではないかと思われます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です