アニメ

キングダム|蒙恬がカニを食べるのは何巻何話?階級や強さについても

いつも飄々とした雰囲気で場を和ませてくれる蒙恬(もうてん)。

実は知れば知るほど、すごい人なのです。

今日は、そんな蒙恬の魅力に迫っていきたいと思います。

キングダム|蒙恬がカニを食べるのは何巻何話?

残念ながら、蒙恬がカニを食べるシーンはありませんでしたが、カニを使って、「じィ」と呼んでいた楽華隊の胡漸(こぜん)副長にいたずらしている場面はありました。

55巻第600話です。

まだ、幼少のみぎり45歳くらいの蒙恬が、寝ているじィの周りをカニだらけにしています。

 

やっていることは他愛もない悪戯ですが、実はこの場面は、じィが死の間際に見ている回想シーンです。

趙国最強の武将と言われる龐煖(ほうけん)に、蒙恬の陣営が襲われるのですが、たまたま蒙恬は不在でした。

じィは龐煖の攻撃を受け、倒れてしまい、上記の回想シーンへと繋がります。

 

しかし、この騒ぎで蒙恬が戻ってくることを危惧したじィは、虫の息ながらも、あの龐煖を遠ざけるために一矢報いるのでした。

じィの愛が深すぎて泣けます。

こういう一生懸命なおじいちゃん好きです。

 

蒙恬とじィとの掛け合いが、もう見られないのだと思うと寂しく感じます。

他にもう一点、キングダム20巻第215話の中での祖父、蒙驁の回想シーンにも蒙恬とカニのシーンがありました。

幼い蒙恬が、じーちゃんである蒙驁にカニを見せに来ています。

 

一体、どれだけカニ好きだったのでしょうか。

今現在の蒙恬は女好きに変わってしまったけど、小さい頃はカニ好きな可愛らしい少年だったのですね。

キングダム|蒙恬(もうてん)のプロフィール

もともとは楽華隊という独立遊軍の隊長でしたが、武勲を上げて出世を続け、キングダム59巻の第642話で秦国の将軍となりました。

それに伴い楽華隊も楽華軍に格上げになっています。

父親は秦国六大将軍の第一将、蒙武(もうぶ)です。

 

今は亡き祖父、蒙驁(もうごう)も大将軍でした。

弟には父の蒙武軍で軍師を務める蒙毅(もうき)がいます。

誰もが納得の華麗なる一族の出身です。

 

そんな名家出身と言っても、身分を笠に着ることもなく、平民だった信にも最初から分け隔てなく接していました。

一見、女好きの遊び人でちゃらんぽらんな人に見えますが、きちんと物の道理が分かった人です。

主人公の信が、降伏した一般人に暴行や略奪をしている味方の兵を切り伏せたことがありました。

 

その当時の信は三百人将で、対する相手は千人将です。

相手の方が立場が上だったため、信は軍法会議にかけられ、斬首になる恐れがありました。

そんな窮地を救ったのが蒙恬でした。

 

蒙恬は自分の祖父や父の権力を使い、裏から手を回して信のことを陰ながら救います。

普段は権力など全くひけらかさないのに、使いどころはわきまえているという実は凄い人です。

このエピソードが、蒙恬の人となりが一番伝わって来るので好きな話です。

キングダム|蒙恬の階級・強さ

プロフィールにもありますが、将軍です。

しかも親の七光りではなく、実力で出世しました。

武力も、もちろん文句なしの実力ですが、この人の特筆すべき点は、知力の方だと思います。

 

キングダム23巻の第247話で、蒙恬と弟の蒙毅との会話ですが、昌平君の主宰する軍師学校で特別軍師認可を早々にもらっていることが語られていました。

その実力は朱海平原の戦いでの活躍で誰もが認めるところとなりました。

総大将である王翦(おうせん)と同じ盤面が見えていた蒙恬は、早々に打ち取られた左翼の将、麻鉱(まこう)将軍に代わり、麻鉱軍をまとめ上げ敗戦の危機を救います。

 

その功績もあり、王翦に五千将からいきなり臨時の左翼の将軍に任命されるのですが、それを見事に勤め上げ、終戦後は論功行賞にて臨時ではなく正式な将軍に任命されたのでした。

キングダム61巻第662話で、将軍となり万の軍勢を指揮するようになってから、ますます才能が開花したと言われていました。

今までも十分に強かったのに、今後どれだけの強さを見せてくれるのか楽しみです。

キングダムのアニメを無料で見る方法

キングダムは3期までシリーズ化されてアニメで放送されています。

漫画も楽しいですが、アニメもシリーズが進むごとに進化していますよね。

特に3期のアニメは1~2期の作画と変わっている部分が多くありました。

詳しくは実際に見てほしいと思うのですが、VODの無料期間を使えば完全無料で視聴可能です。

↓こちらの記事から無料で見れるオススメVODをご確認ください。

キングダム3期のアニメ見逃しが見れるサブスクVOD一覧!最もオススメのサービスも

まとめ:キングダムの蒙恬について

本日は、蒙恬について詳しく見てまいりましたがいかがでしたでしょうか。

将軍になってから今後の活躍に、ますます期待に胸が高鳴りますね。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です