借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティはつまらないしひどい?隠された魅力を調査

借りぐらしのアリエッティは、20107月17日に公開されたスタジオジブリ17作品目の、米林宏昌さん初監督作品です。

イギリスを舞台とした「床下の小人たち」という児童文学を原作とした作品です。

宮崎駿監督作品ではないことなどあり、放映当時から賛否両論のある作品です。

この記事ではそんな賛否両論を調査し、筆者が個人的に作品の感想をまとめてみました。

 借りぐらしのアリエッティがつまらないしひどいと言う人の評判は?

借りぐらしのアリエッティのレビューなどを検索し、低評価の感想を見てみると、

「ストーリーの起承転結が乏しい」

「中途半端な作りかけの映画だ」

「これはスタジオジブリの映画とは認められない」

なんて厳しい意見もありました。

 

筆者は公開当初に劇場に足を運んで見ましたが、個人的には楽しめた作品であったと思います。

確かにドキドキやワクワク感は少ないかもしれませんが、綺麗で細部まで書き込まれた背景や、作品にマッチした音楽などはさすがスタジオジブリという印象でした。

借りぐらしのアリエッティがつまらないと思われる理由

低評価レビューの感想にも数多く挙げられている意見ですが、ストーリーの中で盛り上がりに欠けることや結末がしっかりと描かれておらず、中途半端な作品に感じられてしまうことだと思います。

「風の谷のナウシカ」や「天空の城ラピュタ」など有名なジブリ作品はどれも壮大なテーマの基、しっかりとした起承転結でストーリーが進行していきます。

 

巨神兵の登場やパズーの戦闘シーンなど、誰が見ても盛り上がる熱いシーンですよね。

借りぐらしのアリエッティにはこの「熱いシーン」というものが足りないのではないかと思います。

また、物語の結末も曖昧な感じで締めくくられています。

 

アリエッティと主人公である翔の恋の行方はどうなったのか、翔の心臓の病気は治ったのかなど複数の謎を残したまま終わってしまいます。

大団円のハッピーエンドという訳でもなく、視聴者の中には謎だけが残ってしまったと思う方も多いようです。

借りぐらしのアリエッティの魅力3選

視聴者の一部からは借りぐらしのアリエッティはつまらない作品だと言われていることも確かですが、筆者個人の感想ではジブリ映画の中でも好きな作品になっており、少し視点を変えて見てみると、たくさんの魅力がある作品であると思います。

ここでは、数多くある魅力の中から3つを紹介したいと思います。

 

まず、第一に挙げられるのは「作画、アニメーションの綺麗さ」です。

背景や小物、キャラクターの表情の作画などはジブリ作品の中でもトップクラスではないでしょうか。あ

まりの書き込みの多さ、緻密さに圧倒されてしまったのを覚えています。

 

2つ目は各キャラクター声優のキャスティングが素晴らしいということです。

どのキャラクターもそれぞれの個性と作画と声がベストマッチしており、それだけで作品の中に引き込まれていくようでした。

なかでも、家政婦ハル役の樹木希林さんの演技は、本当に素晴らしく圧巻でした。

 

3つ目は音楽です。

主題歌であるセシル・コルベルさんの「Arrietty’s Song」は作品の優しくもどこか儚いイメージにピッタリで音楽だけでも感動してしまいます。

劇中のサウンドトラックもセシル・コルベルさんが担当されており、どの曲もシーンに合った作品のイメージ通りの音楽になっています。

ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『借りぐらしのアリエッティ』の映画を無料で見れる方法があります。

もちろん、合法なのでご安心を^^

ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

あわせて読みたい
ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

まとめ:借りぐらしのアリエッティの評判について

借りぐらしのアリエッティは、派手なアクションシーンや熱い展開こそないですが、米林宏昌さんの初監督作品として、しっかりとスタジオジブリの意思を受け継いでおりストーリー性や伝えたいことが深いものであり、噛めば噛むほど味がでる作品となっています。

魅力3選で紹介した「作画」「声」「音楽」に注目して是非もう一度見てもらいたい作品です。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です