アニモドラ
エンタメで人生に潤いを
2022年冬アニメ

ジョジョの奇妙な冒険|波紋法は全集中の呼吸と同じ?鬼滅の刃との共通点を洗い出し

大人気アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」。本作に登場する波紋ですが、これは呼吸によって得られる能力です。

呼吸と言えば、絶賛ブレイク中(2022年2月)の鬼滅の刃でも、全集中の呼吸として登場しています。

ここでは、波紋と全集中の呼吸が同じ物なのか違う物なのか紹介していきます。

波紋法と全集中の呼吸が似ている!

独特な呼吸法を使うという点では似ていますが、呼吸をする事で得られる能力が違います。

まず波紋法は、特殊な呼吸法により、体を流れる血液の流れをコントロールし、血液に波紋を起こし、太陽光の波と同じ波長のエネルギーを生み出す秘法です。

このエネルギーは攻撃に使われる(波紋疾走と言う)だけでなく、治癒に使ったり、老化を遅らせる事ができます。

 

作中では、普通の攻撃では倒せない吸血鬼や屍生人を浄化させる(太陽と同じ波長のエネルギーのため)のに用いられています。

 

次に全集中の呼吸は、特殊な呼吸により、体中の血の巡りと心臓の鼓動を速くし、肺に尋常じゃない量の空気を取り込む事で、体温を急上昇させ、血や骨そして筋肉を熱くさせ、肉体強化をはかります。

 

肉体強化のみならず、呼吸の仕方によっては傷の止血や毒の効果を遅らせるなどの応用も可能です。

上記の事より、波紋法は呼吸によって波紋エネルギーを得ており、全集中の呼吸は呼吸によって身体能力強化を得ているため、最終的に得られる結果が異なります。

さらに波紋法は呼吸を止めていても溜め込んだ波紋エネルギーは使えますが、全集中は呼吸を止めると身体強化が止まるという違いもあります。

ジョジョの奇妙な冒険と鬼滅の刃の共通点を洗い出し

1つ目は、呼吸です。

  • 鬼滅の刃:全集中の呼吸
  • ジョジョ:波紋

独特な呼吸を使い、それを戦闘に生かしています。上述した通り、自身をパワーアップさせるキッカケに両作品は呼吸を用いていますが、その結果により、得られる能力は異なっています。

 

2つ目は、です。

  • 鬼滅の刃:鬼を倒す
  • ジョジョ:鬼を倒す(吸血鬼)

両アニメ共に、鬼という人類とは別の存在を相手に戦います。

鬼に関する共通点は他にもあり、日光が弱点であるという事、血(鬼と吸血鬼)で仲間を増やすといった点があります。

 

3つ目は、というワードです。

  • 鬼滅の刃:柱がいる(鬼殺隊のリーダー)
  • ジョジョ:柱がいる(闇の種族)

鬼滅の刃では、見方側の存在として、チームのリーダーという意味で、柱という存在がいます。一方で、ジョジョは、敵側のキャラクターとして存在し、長期の眠りにつく際に柱と一体化して眠るため、柱というワードが登場しています。

鬼滅の刃はジョジョのパクリ?リスペクト?

個人的には、パクリでもリスペクトでもなく、参考という表現が適切かと思います。

例えば、鬼滅の刃に登場する柱ですが、柱を隊長という呼び方に変えれば、同じ週刊少年ジャンプの「ブリーチ」で登場する護廷十三隊に似た組織になります。

さらに、護廷十三隊が虚(ホロウ)ではなく鬼と戦っていたとすれば、もはや鬼滅の刃と同じです。

 

以上の事から、鬼滅の刃やジョジョで描写されているひとつひとつの要素は一般的に良く用いられていると言うことがお分かりいただけるかと思います。

完全にパクったのではなく、過去の人気作から影響を受け、それを作者なりにアレンジしたと言うのが現実的な線ではないでしょうか。

ジョジョのほうが先に連載されていたため、鬼滅の刃が参考にしていてもおかしくはないと思います。

『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメや原作を無料で楽しむ方法

『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメや漫画を見たいと思った方は、TSUTAYAやゲオを使わなくても無料で楽しめる方法があるので、ぜひ参考にしてください!

『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメを無料視聴する方法はこちら。
ジョジョの奇妙な冒険アニメを無料で視聴する方法

『ジョジョの奇妙な冒険』の原作漫画を無料で読む方法はこちら。
ジョジョの奇妙な冒険の原作漫画を無料で読む方法

まとめ:波紋法と全集中の呼吸について

呼吸を使っているところがパクリという考えもあるかもしれませんが、そもそも呼吸は自律神経や体の代謝能力や健康状態にも影響を及ぼすことは周知の事実です。

それを戦闘に使おう(漫画に使おう)という考えがあってもおかしくはないかと思います。

同じ考え方を元にしているのでから、似て当然だと思います。

両作品とも似ているとはいえ、トータルでは別の作品であり、どちらも素晴らしい作品かと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です