映画

火垂るの墓|清太が働かないのはなぜ?クズと言われる理由や秘めたプライドについても     

清太が働かない理由に対して、疑問を持つ人は多いと思います。

彼が働かない理由として、表向きは節子を守るという理由があり、根底には働く意味が分からないといった無知さがあります。

今回は、清太の取った行動を、彼の心情とともに考察していきます。

火垂るの墓|清太とは

一家の長男である清太は、母親・父海軍大佐である父親・4歳の妹節子という家族構成のもと、裕福な日々を過ごしていました。

14の晴太は、学校に通いながらも伸び伸びと過ごしていましたが、第二次世界大戦の影が差し迫っていました。

第二次世界大戦が末期に差し掛かる中、父親は戦争へ赴いたため不在の状態で、母親と妹と共に過ごしていましたが、ある日神戸大空襲の被害に遭います。

 

空襲によって母親を亡くした清太は、幼い節子を抱えながら2人で生き抜こうとします。

2人で生き抜くことができると思い込んでしまったことは、現実を知らない無知さから生まれた大胆さでした。

 

どんなに過酷な状況の中でも、ギリギリまで節子に涙を見せず、節子を自分なりに守り抜こうとする姿からは、愛情深さと責任感の強さが見て取れます。

しかし、責任感の強さと無知さが仇となり、結果的に誰にも助けを求めることが出来ずに、節子は死んでしまいます。

 

節子が死んで間もなく、清太自身も栄養失調によって神戸市の三宮駅にて、短い生涯を閉じることとなりました。

壮絶であり、儚ない短さである14年間を、必死に生きたのではないでしょうか。

清太が働かない理由!プライドが邪魔してる?

清太が働かない理由として、働く理由がイマイチ分からなかったためだと思います。

本来ならば、生きていくために働くものですが、裕福な家庭で育った清太にとっては、働いて稼ぐという精神が身についていなかったのだと思います。

 

節子をずっと見守りたいから、働いてしまったら見守ることができない。」と、純粋に思っていたが故に、節子を預けて自分が働くというような行動には移さなかったのです。

 

本人は、働かない気持ちを「プライドを守る」として考えていなかったと思いますが、側から見ると働かなくても良いと思える心情は「裕福な家庭に生まれたプライド」が根底にあるように思えますよね。

清太自身が気づかない上で、自分のプライドと価値観が作られていた可能性は十分にあります。

火垂るの墓|清太がクズと言われるのはなぜ?

清太がクズと言われれる理由として、

  • 働かない
  • おばさんへの感謝の気持ちがない
  • 無謀な生活によって節子を死なす

    などの点が挙げられます。

     

    前の項でも述べたように、自分自身で気づかない間に構築されていた価値観が、西宮のおばさんとの価値観とズレていたために起こってしまった、一連の行動の数々だといえます。

    確かに、良いとはいえない行動の数々ですが、私たちが清太をクズと呼べる立場ではないと思うのです。

     

    清太をクズと考える人たちは、大半が大人になってから火垂るの墓を観直した状況です。

    実際に、小さい頃に観た際には西宮のおばさんが憎かったと言っている人がほとんどですよね。

     

    憎いと思う気持ちこそが、14歳の少年の素直な気持ちなのです。

    14歳は、まだ世間を知らないような子どもですから、自分のことしか考えられないのは当然ですよね。

    また、時代の違いから考えても、戦争を経験したことない人たちにとっては、清太の気持ちは理解できないでしょう。

     

    清太をクズという前に、大人と子どもの立場の違いと、時代の違いを考える必要があります。

    火垂るの墓は、戦争という過酷な環境の中で、世間を知らなかったために、自分の力で何とかできると思い込んでしまった無知さが生んだ悲劇だといえます。

    ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

    アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

    しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『火垂るの墓』の映画を無料で見れる方法があります。

    もちろん、合法なのでご安心を^^

    ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

    あわせて読みたい
    ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

    まとめ:火垂るの墓の清太

    今回は、清太がとった行動について考察をしていきました。

    彼の無知な行動によって、戦争の愚かさが改めて浮き彫りになったのではないかと思います。

    歳を重ねれば重ねるほど、見えてくるものが違う火垂るの墓は、後世に伝えられるべき作品です。

    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です