ハウルの動く城

ハウルの動く城の物語は難しいし意味不明?監督が伝えたいメッセージとは

ジブリ作品の中でも人気のハウルの動く城。

ハウルの動く城の評判は良いのですが、視聴者の中には難しさを覚える方もちらほらいらっしゃいます。

そこで、ハウルの動く城は、どのあたりが難しく意味不明に思うのか、感じたことを書いてみました。

ハウルの動く城の内容を解説

父の遺した帽子店で働く18歳の少女ソフィー。

ある日、しつこく絡んでくる兵士に囲まれているところを、魔法使いのハウルに助けられます。

 

その夜、ハウルを追っていた荒れ地の魔女に、ハウルとの関係を怪しまれたソフィーは呪いをかけられ90歳の老婆の姿にかえられてしまいました。

ソフィー
ソフィー
もうここにはいられない・・・

ソフィーが呪いを解こうと、向かった荒れ地の山で助けたカカシの「カブ」にへ導かれ、ハウルの城で掃除婦として働き始めます。

 

ハウルは老婆の姿になったソフィーを受け入れ、火の悪魔・カルシファー、ハウルの弟子・マルクル、そしてカブとの共同生活が始まりました。

ハウルと契約を結んでいるというカルシファー。

自分にかかった呪いを解いてくれれば、ソフィーの呪いも解けると言う。

 

ハンサムだけど臆病でナルシストな、どこか守ってあげたくなるハウルにソフィーは惹かれていきます。

ハウルの元へは昔の師匠、サリマンから戦争の協力要請が届いてました。

戦争を憎んでいるハウルはそれをすべて断っていました。

 

やがて隣国との戦争がはじまり、争いを拒んでいたハウルでしたが

ハウル
ハウル
ようやく守らなければならないものができたんだ。君だ

と言い残し、ソフィーを守るため激しい戦火の中へ消えていきます。

 

ソフィーは戦っているハウルを救おうと奮闘する中、ハウルの過去を見ました。

そこでは、流れ星としての命が終わろうとしていたカルシファーに、生きさせようとハウルが自分の心臓を与えていたのです。

 

過去から戻ったソフィーは、魔力を奪われ、元の老婆になった荒れ地の魔女からカルシファーを返してもらい、ハウルの心臓へ戻します。

すると、ハウルは精気を取り戻し、カルシファーも自由の身になりました。

 

ソフィーのキスで呪いが解けたカブの正体はなんと、隣国の王子だったのです。

そして戦争を終わらせる約束をし、自分の国へ帰っていきます。

 

この様子を、犬のヒンにより報告を受けたサリマンは

サリマン
サリマン
この馬鹿げた戦争を終わらせましょう

と、つぶやきます。

 

ソフィーの呪いも解け、元の若い姿に戻りました。

そこにはもう、自分に自信のないソフィーはいませんでした。 

ソフィーとハウルは結ばれ、新たなハウルの城が動き出したのです。

 

本物の家族と離ればれで、本当にやりたいことがわからない地味に生きていたソフィーが、愛するハウルに出会い、血はつながらなくとも「家族だよね」と約束するような仲間に出会い、自分の「本当の幸せを」掴んでいく姿がとても印象的でした。

自分が望めば幸せは必ず掴めるんだと思える作品です。

ハウルの動く城|物語が難しく意味不明な点

ハウルの動く城を見ていると「?」となる点がいくつかあります。

おそらく多くの人が疑問に感じる点は以下の2つではないでしょうか。

  • ソフィーが若返ったり年老いたりしている
  • 戦争ってなぜ起こったの?

    この2つについて解説してまいります。

    ソフィーが若返ったり年老いたりしている

    話の途中で、ソフィーが若返るシーンがたくさん出てきます。

    このシーンに観てる人は「?」となることが多いようです。

    ソフィーが若返ったり年老いたりする理由は、ソフィーの心の変化を表してい           ます。

     

    ソフィーの気持ちが沈めば老け込むし、前向きになると若返る。

    ソフィーは、美しく社交的な母や妹と比べ、自分は内気で容姿にも自信がない。

    そんなソフィーがハウルやカルシファーたちと冒険をしていくうちに、どんどん自分を取り戻していくのです。

     戦争ってなぜ起こったの?戦争が起こった理由

    物語では、戦争が何のために起こったのか理由がはっきりと描かれていません。

    しかし、戦争が始まったことによってソフィーを守るため、戦争へ行ってしまいます。

     

    戦争が起きた理由は、隣国の王子が行方不明になってしまった事から始まります。

    この隣国の王子こそが、荒れ地の山でソフィーが助けた「カブ」でした。

    そして、隣国の王子に呪いをかけたのがサリマンだと決めつけられ、戦争が起こってしまいました。

    ハウルの動く城|監督が伝えたいメッセージ

    この作品で、宮崎監督が伝えたいメッセージは「心」だと感じました。

    作品の中で、最も印象的だったのは本文でも上げました、ソフィーの心の持ちようで老いたり若返ったりするシーンです。

    人は年齢がいくつであっても、気持ちのもちようで年をとったり、若返ったりできます。

    自分の心ひとつで、どう生きたいかは自分で決められるのです。

    ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

    アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

    しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『ハウルの動く城』の映画を無料で見れる方法があります。

    もちろん、合法なのでご安心を^^

    ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

    あわせて読みたい
    ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

    まとめ:ハウルの動く城のストーリー解説

    物語が難しく意味不明なのは「老い」や「戦争」など深いテーマを重視するあまり、起承転結の「起」と「承」がずっと続いてしまい、まとまりがつかなくなったと宮崎監督自身が認めています。

    だからと言って、作品に手を抜くはずもありません。

    意味をひも解いていくと「なるほど」と、面白くなる作品だと思いますが、「物語に説明はいらない」という宮崎監督のスタンスを思うと「わからないまま」でもいいのかもしれません。

    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です