ハウルの動く城

ハウルの動く城|荒地の魔女の名前は?鼻から吸っていたものや心臓を欲しがる理由も

スタジオジブリ長編アニメーション「ハウルの動く城」。

本作の主人公であるソフィーに呪いをかけた荒地の魔女について、知っている人は少ないかと思います。

作中でも彼女についてはほとんど触れられていないからです。

彼女がどんな魔法使いなのか、ハウルとの関係とも含めて、ここでは紹介させていただきます。

ハウルの動く城|荒地の魔女のプロフィール!名前は?

荒地の魔女は、元々はサリマンがいる王宮に仕えていた優秀な魔法使いの1人でした。

しかし50年前に悪魔と契約した事をきっかけに、サリマンに王宮から追放され、荒地の魔女と呼ばれるようになったのです。

 

全身黒い毛皮をあしらったドレスに宝石を着けた、裕福な貴婦人の姿をしていますが、魔法によって若さを保っており、見た目は誤魔化せても、体力は年相応で、輿に体を押し込み、黒い人型の使い魔なしでは移動するのも一苦労です。

 

当初は完全な悪役といったスタイルでしたが、サリマンに弱体化され、ただの老婆となってからは、ソフィーらに助言を与えるなどしており、徐々に優しさを見せていきます。

作中では、彼女の名前は出て来ませんが、ジブリ美術館でのみ公開されていた短編映画『星をかった日』という作品に名前が出てきます。

実はこの作品は、ハウルの少年時代を描いた作品と言われています。

 

そしてこの作品には、当時の荒地の魔女がニーニャという名前で登場しています。

作中でもハウルは自分から魔女に近付いたと言っているため、少なからず2人の間には何かあったのかもしれないですね。

ハウルの動く城|荒地の魔女が鼻から吸っていたもの

鼻から吸引していたものは、ドーピング剤かと思います。

上述した通り、荒地の魔女は、魔法で若さを保っていますが、体力は年相当のため、いつも使い魔に運んでもらっています。

しかし、王宮に到着した際に、使い魔はサリマンに弱体化させられてしまったため、自分で登るしか、選択肢はありませんでした。

 

その際に、肉体を強化する必要があったため、ドーピング剤を使用したかと思います。

匂いを嗅いでから、クシャミをする描写があるため、そのクシャミの衝撃により、身体中の筋肉にドーピング効果が得られるのではないでしょうか。

 

個人的にも思いっきりクシャミをすると、スッキリした気持ちになります。

荒地の魔女も身体をリラックスさせ、ドーピングにより筋肉を動かせるようにしたのかもしれません。

ハウルの動く城|荒地の魔女がハウルの心臓を欲しがる理由

理由は2つあるのではと考えています。

まず1つ目は、若さを保つためです。

荒地の魔女の実年齢は、かなり高齢である事が、作品を見て伺えました。

 

しかし、見た目はそのような事はない美貌を持っています。

これは魔法による効果ですが、その魔法を確かなものにするのが、若い男の心臓を手に入れることのようです。

それ故に高い魔力を誇るハウルの心臓を狙っていると考えられます。

 

2つ目は、ハウルに恋をしているという事です。

上述した通り、本作にはサイドストーリーがあり、そこには少年時代のハウルと当時の荒地の魔女が登場します。

作中で2人は、恋仲のような関係を築いています。

 

その後、ハウルは彼女から離れていきますが、彼女はハウルが忘れられないのではないでしょうか。

ハウルはイケメンですからね。

そのため、ハウルの心臓が欲しい(=ハウルの心が欲しい)という表現になっているのでは考えています。

 

弱体化させられ、老婆になってからも、カルシファー(=ハウルの心臓)を見て綺麗と言っているため、ハウルの心臓への執着心は、計り知れないものがありますね。

ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『ハウルの動く城』の映画を無料で見れる方法があります。

もちろん、合法なのでご安心を^^

ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

あわせて読みたい
ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

まとめ:ハウルの動く城の荒地の魔女

悪役として登場した荒地の魔女について、少しはご理解いただけたでしょうか。

ハウルの心臓を求める理由を踏まえると、ソフィーには嫉妬心から呪いをかけたのかもしれないですね。

荒地の魔女は、ハウルと手を繋ぎ、楽しそうに空を歩くソフィーを目撃したのかもしれませんね。

それだけハウルへの気持ちが大きかったのでしょう。ハウルとの繋がりをより深く知りたい方は、「星をかった日」をぜひご覧ください。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です