ゲド戦記

ゲド戦記はつまらないし意味不明?最低と酷評される理由や作品で伝えたかったこと

2006年に全国で公開れた「ゲド戦記」。

制作は数多くのアニメーション映画を手がけているスタジオジブリで、「千と千尋の神隠し」や「魔女の宅急便」などの名作を世に送り出した宮崎駿さんの長男である宮崎吾朗さんの初監督でもあります。

宮崎駿さんの息子の作品として、公開当初多くの話題を集め興行的には成功を納めましたが、作品の評価はかなり厳しい意見が集まりました。

私自身初めてみた時は、わからないことが多かったのですが、作品を何度も観たり原作の内容を踏まえると宮崎吾朗監督の伝えたかったことが見えてきました。

今回はゲド戦記がつまらないと言われる理由やゲド戦記で伝えたかったことについて紹介します。

ゲド戦記がつまらないと言われる理由

ゲド戦記がつまらないと言われる理由でもっとも大きな意見は宮崎吾朗監督にとっての初監督作品であり、父親である宮崎駿さんが作ってきた作品を超えることはなかったということです。

宮崎駿監督の息子が満を持して映画を作るぞ!と公開前から大きな話題になってしまい、ゲド戦記はこれまでの宮崎駿監督の作品と比べられてしまう対象となってしまいました。

宮崎吾朗さんはゲド戦記を作るまでは建築家として活動していたのですが、鈴木敏夫さんというジブリのプロデューサーが監督をやってみないかと提案し、監督をすることになります。

ほとんど素人の状態から映画を一本作り上げただけで評価しても良いと思うのですが、世間はどうしても宮崎駿さんと比べると”つまらない”と言う評価をしてしまったのです。

ゲド戦記のここが意味不明!

宮崎駿さんと比べるとつまらない。

宮崎駿さんの作る作品のレベルには達していない。

という意見が多い中、作品の内容でもわかりづらいところがいくつかありそういった点も批評受ける原因となっています。

 

例えば、映画冒頭の竜の共食い

竜が共食いをしているシーンが描かれているのですが、この伏線が回収されることはありません。

あわせて読みたい
ゲド戦記|なぜ竜は共食いをしていた?竜の名前や正体についても徹底解説!ゲド戦記は2006年に公開されたスタジオジブリのアニメーション映画で、宮崎駿さんの長男である宮崎吾朗さんの初監督作品として話題になりまし...

2つ目は、について。

主人公のアレンは自分の影に追われて苦しむのですが、こちらも詳しく説明されることがなく、結局正体が分からなかったと言う意見が多く寄せられました。

あわせて読みたい
ゲド戦記|アレンの影の正体を分かりやすく解説!父親を殺した理由や名前の由来についてもゲド戦記は2006年に公開されたスタジオジブリのアニメーション映画です。 宮崎駿さんの息子である宮崎吾朗さんの初監督作品として注目を集...

ゲド戦記で伝えたかったこととは?

ゲド戦記の原作は長編小説です。

それに宮崎駿さんの「シュナの旅」という作品を原案に加えているので、どうしても伝えきれない部分が多く、抽象的な作品になってしまったと考えられます。

 

では、宮崎吾朗監督は何を伝えたかったのでしょうか?

物語では農民は田畑を捨て、職人は業を忘れている世界の均衡が崩れた世界を描いています。

これを鈴木プロデューサーは現代の社会だと表現していました。

 

そして主人公のアレンは死への恐怖に囚われて目的を見失い自暴自棄になり、ヒロインのテルーに「命を大切にしないやつなんて大嫌いだ」と叱責を受けます。

このような描かれた世界や主人公、ヒロインから考えると宮崎吾朗監督が伝えたかったメッセージは「現代のような先の見えない不安な世界でも、希望を捨てないで前を向いて生きて行かなければいけない」ということだったのではないでしょうか?

ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『ゲド戦記』の映画を無料で見れる方法があります。

もちろん、合法なのでご安心を^^

ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

あわせて読みたい
ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 ジブリ作品は日本の誇りである映画シリーズです! 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上前に劇場で公...

まとめ:ゲド戦記の評判

2020年夏頃にはコロナ禍で苦境に立たされている映画業界を助けるために、ジブリが4作品を劇場で公開し、この4作品の中にゲド戦記が入っていました。

ジブリはコロナ禍で先が見えずに不安かもしれないが、希望を持って前を向こうというメッセージを込めてゲド戦記を公開したのかもしれません。

私はゲド戦記をこのリバイバル上映で初めて劇場で観たのですが、登場人物の勇ましさや美しい背景にとても感動しました!

抽象的でわかりづらいところも多い作品ではありますが、作品の背景などを抑えれば理解できることが多いと思いますので、是非もう一度観てみることをお勧めします!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です