ゲド戦記

ゲド戦記|クモの怖い怖い状態が恐怖過ぎてトラウマ級?性別や年齢についても

ゲド戦記に出てくるクモという魔法使いは、異様な雰囲気から見ても不気味なキャラクターですよね。

今回は、そんなクモの紹介とともに、多くの人へ恐怖を植え付けた、あのトラウマシーンを振り返っていきましょう!

ゲド戦記|クモとは

クモは、死に抗うためなら、どんな禁忌も犯す魔法使いです。

かつてクモは金と引き換えに、黄泉の国という死者が住む世界から、死者を蘇らせるという魔法を使っていました。

実は、死者を蘇らせる魔法には、ハイタカも手を染めていたのでした。

 

途中で、死を受け入れることができたハイタカは、死者を蘇らせることの過ちに気が付きましたが、クモは違いました。

そして、クモがハイタカの師匠の魂までも蘇らせようとしていることがハイタカに知られ、とうとう阻止されます。

 

罰として、ハイタカに恐怖の底に落とされたクモですが、それはクモを改心させるどころか、ハイタカへの復讐心を植え付ける原因となってしまいました。

以来、ハイタカへの復讐の機会を窺いつつ、不死の力を手に入れようと、またもや生死を隔てる扉を開けようとしているのです。

ゲド戦記|クモの怖い怖い状態がトラウマ級

物語の中で最も怖いシーンともいわれているところが、終盤でのクモの姿がどんどん変貌していくシーンですね。

物語の終わりのほうで、魔法のかかった剣に手を斬られたクモは、急に老人となってしまいます。

 

クモは、老いることで死に近づくことを拒んでいて、自分自身の若さを保つために魔法をかけていたのでした。

けれども、剣で斬られたことで魔法も解けてしまったのです。

そして、斬られた手が黒いドロドロとした液状になり、また手が再生します。

 

ここで考えられることが、クモの本当の正体はドロドロなのか?ということです。

かつて、ハイタカと偉大な魔法使いとして過ごしていた時代は、確かに魔法使いの姿であったと思います。

 

しかし、黄泉の国でハイタカと別れて以降、クモの死に対する恐怖はどんどん進行していったのではないでしょうか?

老いを受け入れず、若さを保つために、幾度も魔法をかけていたと思います。もしかしたら、魔法のかけすぎで人間の姿をとどめていなかったのかもしれません。

 

老け込んでいった姿も実は仮の姿であり、本当の正体はただの黒いドロドロだという可能性もあります。

そして、すっかり老人の姿となったクモですが、テルーを死に追いやるシーンでは、もはやクモの原型はとどめていません。

 

歯も溶けてしまってほとんどないですし、両目はただの黒い穴となってしまいます。

だいぶトラウマになるシーンですよね…。

 最期のシーンでは、髪も禿げ上がり、崩壊寸前となってしまいます。

ここで、クモの気持ち悪さを線画のおぼつかなさで演出しているところは、とても上手な表現だなと思います。

 

 また、崩壊した姿になっていても、「いのち…いのち…」と不死の力に執着しているところは、現代の私たちと重なるところがあります。

 実際に心の中では、クモのような崩壊状態になっている人は意外と多いと思うのです。

 美しさは見た目ではないということに、気が付きにくい世の中になっているからかもしれません。

ゲド戦記|クモの性別や年齢は?

 中性的な雰囲気を持つクモですが、実は男性です。

確かに、骨格はかなりがっしりとしていますし、よく見ると手の造りも男性の手です。

また、第一人称が「オレ」という場面がいくつか出てきます。

 

テナーを捕らえた際に、テナーに向かって「女はうるさくて敵わない」と言っているところからみても、クモは男だということが分かります。

もし、クモが女性であったら、女がうるさいという発言はあまりしないですよね。

 

 そして、クモの年齢は詳しくは分かっていません。

ただ、かつてハイタカと同志であったことから考えても、ハイタカと同じくらいの年齢だと思います。

ということは、50歳くらいでしょうか…?

 

 ただ、クモはハイタカと違って、実年齢に抗っていることで、若返りの魔法をかけ続けています。

最期のシーンで、老人の姿となってしまったのは、若返りの魔法の反動です。

 

なので、もしクモが、自分の老いを受け入れていたら、ハイタカと同じ50歳くらいだったけれど、若返りの魔法をかけ続けたせいで、100歳は軽く超えていた可能性があります。

 クモの取った手段は醜いですが、私たちに近い考え方でもあります。

自分の老いを、美しいと感じられる心を持ちたいものですね。

ジブリ作品を無料で見る裏ワザ

アニメや映画は動画配信サービスを利用すれば無料で見れる方法がありますが、ジブリ作品を取り扱っている動画配信サービスはありません。

しかし、とある裏ワザを使えば、動画配信サービスじゃなくても『ゲド戦記』の映画を無料で見れる方法があります。

もちろん、合法なのでご安心を^^

ジブリ作品を無料で見たいという方はこちらの記事で解説しているのでご確認ください。

あわせて読みたい
ジブリ映画作品を無料で視聴する裏ワザ!ネトフリやアマプラで配信されない理由 日本の代表作品であるジブリ映画。 『となりのトトロ』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』など10年以上に劇場で公開された映画でも...

まとめ:ゲド戦記のクモ

敵役として描かれているクモですが、実は、現代の人間がモデルになっていそうですよね。

何度も観ていくと、意外と親近感が湧く部分もあるかもしれませんね!

関連記事

U-NEXTならアニメも映画も見放題!※

アニメや映画を楽しむならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTは国内最大級の動画配信サービスで視聴できるアニメの作品数が日本一となっています。

今なら登録してから31日間無料

初回登録者にはU-NEXTポイント『600ポイント』が付与され、無料期間内でポイントを利用すれば、ポイント課金が必要な作品でも実質無料で視聴可能。

無料トライアル期間が終わった後も毎月自動的に1,200ポイントが加算され、課金作品だけでなく、映画館にも利用できます。

U-NEXTはワンクリックで解約ができるので安心です。

\無料キャンペーンあり/
U-NEXT公式ページ ↑タップで配信作品をチェック↑

※一部、ポイント課金が必要な作品があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です